読むナビDJ :第61回:アルゼンチン・タンゴ meets ロック&エレクトロニカ

更新

バックナンバー一覧

第61回:アルゼンチン・タンゴ meets ロック&エレクトロニカ

タンゴ・エレクトロニカがこんなにまでカッコイイとは知りませんでした!PVも映像作品として素晴らしく、そしてどれにも独特の色気が漂う、大人の音楽。

この記事の筆者

音楽&旅ライター。レコード会社勤務の傍らDJ、執筆、「喫茶ロック」企画などで活動。退社後、2年間に渡って中南米を放浪し祭りと音楽を堪能。帰国後は「ラティーナ」誌でのアルゼンチン音楽連載をはじめ、ラテン、ワールドミュージック、和モノから、旅行記や世界遺産にいたるまで幅広いジャンルで、雑誌、ウェブ、ライナーノーツの執筆、ラジオや機内放送の選曲構成、トークイベント、ライヴハウスのブッキング企画など多岐に渡って活動中。All About「アルゼンチン」ガイド。著書に『ブエノスアイレス 雑貨と文化の旅手帖』『喫茶ロック』最新の著書は『アルゼンチン音楽手帖』(DU BOOKS)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タンゴというと、どこか古くさい音楽という印象を持っている方は多いと思います。日本でも少し前までは老後に嗜むダンスの一種と思われていたし、音楽自体も愛好家は年寄りばかり。実際、本場のアルゼンチンでも、衰退に向かいつつある古典音楽というイメージでした。というのも、そもそもタンゴ自体が、歌舞伎のように形式を重んじる音楽ということもあって、多少のマイナー・チェンジはあっても発展のしようがなかったからです。

しかし、この10年くらいの間に状況が一変してきました。もっとも大きな出来事は、クラブ・ミュージックとの融合が進んだことでしょう。このムーヴメントによって、タンゴはダサい音楽から最先端へと変身してしまったのです。また、ロックやポップスのミュージシャンが、タンゴと正面から向き合うような企画も増え、続々と新味のタンゴが生まれ続けています。

ここでは、近年生まれたタンゴとエレクトロニカやロックとのクロスオーヴァー・ミュージックを紹介しましょう。

Gotan Project「La Gloria」

クラブ・ミュージックとの融合というムーヴメントのスタートは、フランスから始まりました。ワールド・ミュージックをベースにしたDJのフィリップ・コーエン・ソラルが、アルゼンチン人のギタリスト、エドゥアルド・マカロフとスイス人クリエイターのクリストフ・H・ミュラーの2人を誘って結成されたグループは、タンゴとエレクトロニカの合体という斬新な手法によって一躍脚光を浴びました。この曲のように、タンゴの哀愁にサッカー場の歓声やアナウンスをサンプリングする独特のセンスがクールで、他の追随を許しません。

収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Bajofondo「Pide Piso」

ゴタン・プロジェクトへの、本場アルゼンチンからの回答ともいえるのが、グスタボ・サンタオラージャ率いるアルゼンチンとウルグアイの混成グループ。こちらもプログラミングを駆使していますが、バンド編成であることにこだわり、楽器の音色を生かすことに重きを置いています。最新作『Presente』は、ハードなロックからア・カペラまで取り入れた大作として話題になりました。首謀者のグスタボは、フアネスをはじめ数々のスペイン語圏ロック・バンドをプロデュースするだけでなく、映画音楽作家としてもアカデミー賞を2度受賞するほどの天才肌です。

収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Tanghetto「Blue Monday」

ゴタン・プロジェクトバホフォンドの登場により、一気にブエノス・アイレスのタンゴ・シーンが活気付きました。そんななか出てきたアーティストの代表がタンゲットーです。彼らも生楽器とプログラミングをバランス良く配置することで成功したグループのひとつ。デビュー作がラテン・グラミーにノミネートされたことで脚光を浴びましたが、その後のリミックス企画盤では、ニュー・オーダーの「Blue Monday」とデペッシュ・モードの「Enjoy The Silence」をカヴァーしてさらに話題を集めました。

収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Tango Crash「Acovachado」

大ブレイクしたタンゴ・エレクトロニカは、世界中のいたるところで発生していきます。雨後の筍のごとく現れたグループの中から、頭ひとつ抜きん出たのがドイツ在住アルゼンチン人によるユニットのタンゴ・クラッシュです。ジャーマン・テクノの国らしく、硬質なブレイクビーツをベースに哀愁のメロディを奏でるスタイルは、生っぽさを売りにするアルゼンチン勢とはまた違った魅力を持っています。先鋭的とはいえ、アルバムには必ず「El Choclo」や「Ojos Negros」といったタンゴの古典をカヴァーしていることも好感度大。

収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Fernando Samalea「Película Dorada」

いわゆるクラブ・ミュージックとの文脈とは別に、ずいぶん前からタンゴのエッセンスを最先端のフィルターで包み込む作品を生み出しているのがフェルナンド・サマレア。アルゼンチン音響派といわれるアヴァンギャルド・シーンの重要人物であり、80年代からロック・バンドなどで活躍するドラマーですが、その一方でバンドネオンを弾きながらユニークな作品を作り続けています。彼のサウンドにはエスニックやアンビエント、ラウンジ・ミュージックに通じる雰囲気もあり、独自の美学に彩られた作風が評価されています。

収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Federico Aubele「La Esquina」

タンゴが持つ哀愁や色香といったエッセンスを抽出し、ラテン・ポップへと昇華して成功したのがフェデリコ・アウベレ。ワシントンのラウンジ・ユニット、シーヴェリー・コーポレーションに見初められ、彼らが主宰するレーベルよりワールド・デビューしました。ギターを弾きながら甘い声を聞かせるシンガー・ソングライターの顔もありますが、この曲のように女性シンガーをフィーチャーし、サウンド・クリエイターとしても秀逸な一面を見せます。ブラジリアン・ガールズサビーナ・シウバや元チボ・マット羽鳥美保とも親交があり、現在はブルックリンで活動中。

収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Daniel Melingo「Narigón」

ゴタン・プロジェクトバホフォンドにもフィーチャーされながらも、エレクトロニカではない正当派タンゴの末端に位置する異形のシンガーがダニエル・メリンゴ。彼はもともとロック・バンドの出身でしたが、突如取り憑かれたかのようにタンゴ歌手への道を歩みました。とはいえ、まるで独白のような自作曲、芝居じみた唱法、そして強烈なダミ声は、タンゴ界のトム・ウェイツといってもいいような超個性派。独特のパフォーマンスによって、アルゼンチンはもとよりフランスなどのヨーロッパでも非常に人気があります。

収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Andrés Calamaro「Naranjo En Flor」

ダニエル・メリンゴのロック・バンド仲間であり、ボブ・ディランに影響を受けた歌唱とルックスでラテン・アメリカ全土で人気を誇るシンガーがアンドレス・カラマーロ。フォーク・ロック、リズム&ブルース、レゲエといったルーツ・ミュージックをベースにした楽曲が多いのですが、時折フォルクローレやタンゴにも挑戦し成功を収めています。この曲は古典的なタンゴのスタンダードですが、敢えて伝統的な演奏に乗せて新鮮に聴かせるのがさすが。こういったスタジアム・クラスのロック・シンガーがタンゴを歌うことで、若いタンゴ・ファンも増え始めました。

収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Altertango「Mi Tango Triste」

こういったムーヴメントを受けて、アルゼンチンのタンゴ・シーンには新しいアーティストも続々と登場。意外にも伝統を重んじる若手ミュージシャンが多いのですが、なかにはこのアルテルタンゴのように、オルタナティヴなグループも存在しています。情熱的な女性ヴォーカルにバンドネオンやピアノが絡むのは珍しくありませんが、まるでロック・バンドのようにラウドなドラムとベースが加わるところが斬新。このライヴ・ヴァージョンではさらにターンテーブリストがスクラッチで加わっていてドラマティックな世界を作り上げています。

Sofia Viola「Menstruatango」

逆に、いわゆるロックやポップスのシンガー・ソングライターにも、タンゴに影響を受けたアーティストがたくさん生まれています。最近登場したアーティストでは、ソフィア・ビオラもそのひとり。フォルクローレやボレロといったラテン・アメリカ特有のサウンドをベースにしたオリジナル曲を、ギターをかき鳴らしながらパンキッシュなイメージで歌うという個性的なシンガーです。ブエノス・アイレスのインディペンデント・シーンにはまだまだこういった若き才能が隠れているので、今後のタンゴの発展に期待できます。

Astor Piazzolla「Zita」

さて、こういった新しいタンゴの潮流の源には、やはりアストル・ピアソラがドーンと鎮座しています。クラシカルなイメージやジャズ・ミュージシャンとのコラボレーションは有名ですが、70年代のエレクトリック・バンドをバックにした演奏は今聴いてもかなり新鮮です。エレキ・ギターやシンセサイザー、そしてフルートなどによるアンサンブルは、ほとんどプログレッシヴ・ロックといっていいような叙情的な世界。彼がタンゴに革命をもたらしたことが、今のムーヴメントに繋がっていることは間違いない事実なのです。

収録アルバム
amazon.co.jpで買う

■この筆者「栗本 斉」の執筆書籍

アルゼンチン音楽手帖
amazon.co.jpで買う

■この筆者「栗本 斉」の関連リンク

HP:http://www.tabi-rhythm.com/
twitter:@tabirhythm
facebook:https://www.facebook.com/tabirhythm
blog:http://blog.livedoor.jp/tabi_rhythm/

■この筆者「栗本 斉」のコラム

読むナビDJ 第79回:知っていると自慢できるアントニオ・カルロス・ジョビンの10曲
読むナビDJ 第77回:誰もが知ってるアントニオ・カルロス・ジョビンの超名曲10選
読むナビDJ 第70回:グスタボ・サンタオラージャの映画音楽作品集10選
読むナビDJ 第64回:エレクトロ・ディスコ界のレジェンド、ジョルジオ・モロダー・ワークス10選
読むナビDJ 第61回:アルゼンチン・タンゴ meets ロック&エレクトロニカ
読むナビDJ 第58回:キューバ音楽の新潮流
読むナビDJ 第43回:アルゼンチン発コンテンポラリー・フォルクローレの世界
読むナビDJ 第42回:静かなる音楽~クワイエット・ミュージックを知る名作10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

第41回:70年代ファンクここから聴け!ベスト10選
どれも代表曲ばかりですが、やっぱり全部いいね!生演奏モノホンのファンクにズボズボと浸ってください!! 筆者:印南敦史(いんなみ あつし) 2012/09/07(金) 読むナビDJ
1.2万円のヘッドホン(FOSTEX T50RP)を改造して12万円台の音にする
海外のヘッドホンマニアの間では定番となりつつあるFOSTEX T50RP MOD(改造)を自腹切ってやってみました。良い子は真似... 筆者:編集部K 2014/04/08(火) DrillSpin Picks
第35回:イーグルスだけじゃない、70年代ウエストコースト・ロック・バンド名作10選
多くの人からリクエストがあり、60年末から70年代に活躍したウエストコースト・ロック・バンド10選を特集。初級者にもマ... 筆者:小川真一 2012/06/22(金) 読むナビDJ
第113回:ハワイアン・スラックキー・ギターの名手10選
以前からやりたかったハワイアン、特に変則チューニングのスラックキー・ギタリストによる名曲・名演のセレクションを新... 筆者:栗本斉 2014/06/12(木) 読むナビDJ
第49回:日本語と英語でゆる~くブレイクするか?UK発3人組「ケロケロボニト」
ここ最近、すっかりヘヴィローテーションで「ケロケロ」漬けの毎日です。かわいくて日本語と英語の混ざり具合が最高でハ... 筆者:小林“こばーん”朋寛 2014/09/03(水) Who's Next

コラム一覧

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる