Who's Next :第16回:フリクルで楽曲を無料配信している実力派女性ヴォーカルポップス3選

更新

バックナンバー一覧

第16回:フリクルで楽曲を無料配信している実力派女性ヴォーカルポップス3選

フリクル配信アーティスト第5弾は、Lily Butterfly、BEBE、大比良瑞希(ヘウレーカ)という女性ポップヴォーカルアーティスト3組。三者三様のしなやかな歌声をお楽しみください!

この記事の筆者

1975年生、東京都出身。ロックを中心としたポップミュージックの現在、とりわけアマチュア/インディミュージシャンとそれらを取り巻く環境について言及。Frekulに賛同し、ライターとして協力中。togetterまとめ「続・なぜライブハウスはバンドに集客を依存するのか?」は15万viewを超える人気エントリー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年はインターネットの発達により、誰でも自分の音楽を気軽に無料で配信できるようになりました。同時にCDをはじめとする音源パッケージを売ることには厳しい時代が続いており、そこから不可避的にライブの価値が今以上に増していくだろうと言われています。誤魔化しのきかないライブステージにおいてより輝くであろう力量を備えた、女性ならではの美しい歌声をお楽しみください。

Lily Butterfly

プロフィール
Pf.EURIとVo.KOCHOの2人からなるPiano&Vocal Duo。2012年、アートと音楽を交差させた自主企画イベント「見る音楽」を成功させ、堂島孝平羊毛とおはな青木カレンなどの著名なアーティストのオープニング・アクトも果たした。
東京音楽大学出身のEURIが織りなすクラシックをバックボーンとしたピアノ、ドラマ「新参者」、映画「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」などに参加したKOCHOの歌声、確かな実力を持つ2人が織りなす楽曲とステージはため息が出るほど上質だ。歌とピアノというシンプルな構成ではあるが、繊細で柔らかい音像の中に通された力強い芯が、単に優しい音楽や心地良い音楽といった言葉で片付けられない深み、繰り返し聴きたくなる引力をもたらしている。

Frekulプロフィールページ
Lily Butterfly 公式サイト

BEBE

プロフィール
シンガーソングライターUraのソロ・プロジェクト、BEBE。YouTubeを中心にmusic videoを配信中。BEBE基金という応援者の寄付金を元に活動をすすめている。楽曲は歌詞を大事にした歌もの。透き通る声と、心に染みる歌詞が魅力。
作文好きで思いついた言葉を書き連ねることから始めて楽曲のテーマや歌詞、メロディを組み上げていくという制作方針ゆえか、聴き手に「言葉を届かせる」ことを強く意識しているのがその凛とした歌声から伝わってくる。当然ながら歌詞の精度とメロディとの絡み合いへのこだわりも並大抵でないことが伺え、聴いていると良い意味で身構えさせられる。またファンからの寄付金を音楽活動の資金としており、あらゆる意味で聴き手と真剣に対峙しているアーティストといえよう。

Frekulプロフィールページ
BEBE 公式サイト

大比良瑞希ヘウレーカ

プロフィール
大比良瑞希(作詞、作曲、Vo、G)と古澤敦郎(編曲、B)で成る【ヘウレーカ】の活動を軸とする。ガーリーでポップな雰囲気とは裏腹に、アコースティックロックやカントリー、退廃的なダークさを取り入れた独特な世界観を持つ。アートワークも全て自作。
カントリーやフォークの他、オーガニックな要素を持つ様々なジャンルを掛け合わせた歌と演奏は、生々しい人間性の表現とポップネスを見事に両立している。レトロな雰囲気漂う音楽の組み合わせを、現代的な楽曲として自然に聴かせる作曲/アレンジのセンスも頼もしい。また歌詞とサウンド共にしばしば仕掛けられているある種の「毒」が魅力的なエンターテインメントとなっているのは、その表現力もさることながら、人間の本質を鋭く見抜く観察眼を持っているからこそだろう。

Frekulプロフィールページ(Frekulではソロとヘウレーカ両方の楽曲を配信している)
ヘウレーカ 公式サイト

■フリクル関連コラム

Who's Next 第12回:フリクルで楽曲を無料配信している音響系アーティスト3選
Who's Next 第10回:フリクルで曲を無料配信している、独自の世界観を打ち出すセルフプロデュースバンド3選
Who's Next 第6回:フリクルで楽曲を無料配信しているソロ・インストアーティスト3選
Who's Next 第3回:フリクルで楽曲を無料配信している注目のロックバンド3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

1.2万円のヘッドホン(FOSTEX T50RP)を改造して12万円台の音にする
海外のヘッドホンマニアの間では定番となりつつあるFOSTEX T50RP MOD(改造)を自腹切ってやってみました。良い子は真似... 筆者:編集部K 2014/04/08(火) DrillSpin Picks
第35回:イーグルスだけじゃない、70年代ウエストコースト・ロック・バンド名作10選
多くの人からリクエストがあり、60年末から70年代に活躍したウエストコースト・ロック・バンド10選を特集。初級者にもマ... 筆者:小川真一 2012/06/22(金) 読むナビDJ
第101回:「ロックと日本の60年」第2章 “アイドル”の原型、カバー・ポップス
連載シリーズ第2章は、洋楽曲を日本語で歌うカバーポップス、アイドルと全米No.1を獲得した坂本九「上を向いて歩こう」... 筆者:沢田太陽 2015/05/19(火) コラムスピン
第41回:70年代ファンクここから聴け!ベスト10選
どれも代表曲ばかりですが、やっぱり全部いいね!生演奏モノホンのファンクにズボズボと浸ってください!! 筆者:印南敦史(いんなみ あつし) 2012/09/07(金) 読むナビDJ
第114回:「ロックと日本の60年」第14章 2000年代、世界のシーンは動き、日本は閉じた
日本では90年代の影響がことのほか長く君臨し、00年代とのリンクはどこに?iPodが発売(2001年)、iTunes Music Store(03... 筆者:沢田太陽 2015/08/13(木) コラムスピン

コラム一覧

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる