読むナビDJ :第64回:エレクトロ・ディスコ界のレジェンド、ジョルジオ・モロダー・ワークス10選

更新

バックナンバー一覧

第64回:エレクトロ・ディスコ界のレジェンド、ジョルジオ・モロダー・ワークス10選

~2013年5月末に初来日、自身のソロとプロデュース作品でまずは予習!~

ドナ・サマーの数々のヒット作や映画『フラッシュダンス』の音楽プロデューサーが初来日!レアなソロの映像も多数あり、これは貴重なプレイリストです。

この記事の筆者

音楽&旅ライター。レコード会社勤務の傍らDJ、執筆、「喫茶ロック」企画などで活動。退社後、2年間に渡って中南米を放浪し祭りと音楽を堪能。帰国後は「ラティーナ」誌でのアルゼンチン音楽連載をはじめ、ラテン、ワールドミュージック、和モノから、旅行記や世界遺産にいたるまで幅広いジャンルで、雑誌、ウェブ、ライナーノーツの執筆、ラジオや機内放送の選曲構成、トークイベント、ライヴハウスのブッキング企画など多岐に渡って活動中。All About「アルゼンチン」ガイド。著書に『ブエノスアイレス 雑貨と文化の旅手帖』『喫茶ロック』最新の著書は『アルゼンチン音楽手帖』(DU BOOKS)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディスコ~エレクトロのサウンド・クリエイターであり、多数の映画サントラを手がけたヒット・プロデューサーであるジョルジオ・モロダー。70年代後半から80年代にかけて熱心にヒットチャートを追いかけていた音楽ファンなら、確実にこの人の洗礼を受けたことでしょう。

良くも悪くもモロダーのシンセ・サウンドは、この時代を象徴する音楽といえます。ミュンヘン・ディスコといわれた黒人的なグルーヴ感を排除した単調なビートや、サントラ・ヒットで多用された仰々しいオーケストレーション。でも、あの当時のワクワク感は今聴いても意外に古くなっていないし、実際多くの最先端アーティストにもいまだに支持されています。直近では、ダフト・パンクの新作『ランダム・アクセス・メモリーズ』にも参加するというニュースが話題になったばかり。

再評価が高まるなか、5月にはなんと初の来日公演も決定。誰もが知っているドナ・サマーや映画サントラはもちろん、意外に知られていないソロやプロデュース・ワークも含め、モロダーの軌跡を映像で辿ってみましょう。

Giorgio「Looky Looky」

モロダーはイタリア北部の町で1940年に生まれました。初期の活動はかなり謎めいていますが、ドイツに渡りベルリンを拠点にソロ活動を開始。ジョルジオ名義で1969年に発表したシングル曲「Looky Looky」が初のヒットとなりました。ビーチ・ボーイズの影響を受けた他愛のないバブルガム・ポップスですが、サビの裏で弾かれるピアノの連打や中間部の浮遊感には、すでにモロダー節の予兆が感じられます。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Chicory Tip「Son Of My Father」

ソロ活動を行いながらも、プロデューサーとして評価され始めたことと、英国のソングライターであるピート・ベロッテとの出会いが彼の運命を大きく変えていきます。そんな流れの中、最初のプロデューサーとしての成功は、チコリー・ティップの1972年のシングル・ヒット「Son Of My Father」。少しグラム・ロックの要素も入ったポップ・グループにきらびやかなシンセをまぶして、個性的なサウンドに仕上げました。この曲は自身でも後にセルフ・カヴァーしています。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Donna Summer「I Feel Love」

ピート・ベロッテとのタッグがもっとも成功したのは、やはりドナ・サマーの一連の作品でしょう。1974年のデビュー作『Lady Of The Night』はオランダのみのリリースでしたが、じわじわとヨーロッパで売れ続け、2作目の『Love To Love You Baby』(75年)が大ヒット。以来、「Could It Be Magic」(76年)、「I Love You」(77年)、「Bad Girls」(79年)、「Hot Stuff」(79年)といったディスコ・チューンを連発。なかでも1977年の「I Feel Love」は、モロダーならではのエグいエレクトロ・ビートが強烈な一曲です。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Giorgio Moroder「Knights In White Satin」

ヒット・プロデューサーとしての地位を確立したとはいえ、モロダーはもともとソロでスタートを切ったアーティスト。よって、節目節目で興味深い作品を残しています。もっともユニークなアルバムといえば、1976年の『Knights In White Satin』かもしれません。そのタイトル曲は、ムーディー・ブルースの1967年のヒット曲「Nights In White Satin」をディスコ化したという異色作。しかも、LPのA面を2部に分けて収録し、間にモロダーの自作曲を挟み込んだ組曲形式で、ディスコ・サウンドを取り入れたプログレといってもいい構成になっています。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Giorgio Moroder「From Here To Eternity」

前作『Knights In White Satin』で、ソロ・アーティストとしてもディスコ人生を歩み始めたモロダーは、続くアルバム『From Here To Eternity』(1977年)でシンセサイザーのみを使い、完全にミュンヘン・ディスコのサウンドを確立します。当時は画期的だったノン・ストップ・ミックスの手法を用いて、ダンス・ミュージックとしても“使える”一枚となりました。本作が後のハウスやテクノのクリエイターに与えた影響は多大で、再評価の声も高い傑作です。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Janis Ian「Fly Too High」

モロダーのプロデュース・ワークは、いわゆるディスコ系のアーティストだけでなく、ジャンルをまたいで多岐に渡っています。珍しいところでは、ジャズ/フュージョン・サックス奏者デヴィッド・サンボーンや、ドイツのエキセントリックな歌手ニナ・ハーゲン、そして初期のジャネット・ジャクソンなど。ジャニス・イアンのプロデュースを手がけていることはあまり知られていませんが、彼女のアコースティックなイメージとは一味違うコンテンポラリー・サウンドが新鮮です。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Irene Cara「Flashdance...What A Feeling」

さて、モロダーといえば、やはり映画音楽は外せません。1978年にアラン・パーカー監督のトルコを舞台にした社会派映画『ミッドナイト・エクスプレス』を手がけ、アカデミー作曲賞を受賞。それからは数々のサントラに引っ張りだことなります。もっとも成功したサントラのひとつが、1983年の『フラッシュダンス』。アイリーン・キャラが歌う主題歌はアカデミー賞を受賞し、マイケル・センベロの「Maniac」なども含むアルバムも大ヒットしました。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Limahl「Never Ending Story」

『フラッシュダンス』の大ヒットを受けて、翌1984年も快進撃を続けます。この年に話題になったのが、フリッツ・ラングのサイレント映画に大胆な音楽を付けた『メトロポリス』と、ミヒャエル・エンデのファンタジー大作を映像化した『ネバーエンディング・ストーリー』の2本。後者はカジャグーグーのヴォーカリスト、リマールが歌った主題歌が爆発的にヒットしました。ちなみに、羽賀健二がまったく映画に関係ない日本語詞でカヴァーしており、こちらもカルトな人気です。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Berlin「Take My Breath Away」

『フラッシュダンス』以降、『フットルース』や『ゴーストバスターズ』などいわゆるMTV的感覚で音楽もフィーチャーされる映画が多数生まれました。そういったサントラ・ブームを決定付けたのが、トム・クルーズの出世作でもある1986年の『トップガン』でしょう。ケニー・ロギンスの「Danger Zone」と並んで、ベルリンの「Take My Breath Away」も大ヒット。70年代後半から活動する不遇のエレポップ・バンドが、モロダーの浮遊感に満ちたプロデュースで見事に一線へと飛び出しました。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

Giorgio Moroder「Hand In Hand」

モロダーのスケール感のあるプロデュース仕事は、サントラだけにとどまらずスポーツの世界でも重宝されました。1984年のロサンゼルス五輪ではオフィシャル・テーマソングの「Reach Out」をプロデュースし、続く1988年のソウル五輪では、この「Hand In Hand」を手がけました。バイリンガルの韓国グループ、コリアーナがド派手なシンセ・サウンドに乗せたオリエンタルの雰囲気のメロディが特徴。モロダーはその後も、サッカーのワールドカップ、F1グランプリ、そして2008年の北京五輪などにも関わり、すっかりスポーツ界でも定番となりました。

収録アルバム
amazon.co.jpで買う

■告知「ジョルジオ・モロダー 初来日公演決定!

◎ジョルジオ・モロダー featuring DJ クリス・コックス
日程: 2013/5/27(月)、5/28(火)
場所: ビルボードライブ東京
料金: サービスエリア ¥8900 / カジュアルエリア ¥6900
Web: http://www.billboard-live.com/

■この筆者「栗本 斉」の関連リンク

HP:http://www.tabi-rhythm.com/
twitter:@tabirhythm
facebook:https://www.facebook.com/tabirhythm
blog:http://blog.livedoor.jp/tabi_rhythm/

■この筆者「栗本 斉」のコラム

読むナビDJ 第79回:知っていると自慢できるアントニオ・カルロス・ジョビンの10曲
読むナビDJ 第77回:誰もが知ってるアントニオ・カルロス・ジョビンの超名曲10選
読むナビDJ 第70回:グスタボ・サンタオラージャの映画音楽作品集10選
読むナビDJ 第64回:エレクトロ・ディスコ界のレジェンド、ジョルジオ・モロダー・ワークス10選
読むナビDJ 第61回:アルゼンチン・タンゴ meets ロック&エレクトロニカ
読むナビDJ 第58回:キューバ音楽の新潮流
読むナビDJ 第43回:アルゼンチン発コンテンポラリー・フォルクローレの世界
読むナビDJ 第42回:静かなる音楽~クワイエット・ミュージックを知る名作10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

1.2万円のヘッドホン(FOSTEX T50RP)を改造して12万円台の音にする
海外のヘッドホンマニアの間では定番となりつつあるFOSTEX T50RP MOD(改造)を自腹切ってやってみました。良い子は真似... 筆者:編集部K 2014/04/08(火) DrillSpin Picks
第35回:イーグルスだけじゃない、70年代ウエストコースト・ロック・バンド名作10選
多くの人からリクエストがあり、60年末から70年代に活躍したウエストコースト・ロック・バンド10選を特集。初級者にもマ... 筆者:小川真一 2012/06/22(金) 読むナビDJ
第101回:「ロックと日本の60年」第2章 “アイドル”の原型、カバー・ポップス
連載シリーズ第2章は、洋楽曲を日本語で歌うカバーポップス、アイドルと全米No.1を獲得した坂本九「上を向いて歩こう」... 筆者:沢田太陽 2015/05/19(火) コラムスピン
第41回:70年代ファンクここから聴け!ベスト10選
どれも代表曲ばかりですが、やっぱり全部いいね!生演奏モノホンのファンクにズボズボと浸ってください!! 筆者:印南敦史(いんなみ あつし) 2012/09/07(金) 読むナビDJ
第114回:「ロックと日本の60年」第14章 2000年代、世界のシーンは動き、日本は閉じた
日本では90年代の影響がことのほか長く君臨し、00年代とのリンクはどこに?iPodが発売(2001年)、iTunes Music Store(03... 筆者:沢田太陽 2015/08/13(木) コラムスピン

コラム一覧

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる