Who's Next :第19回:2013年前半最大の出会い、UQiYOを強力にオススメします!!

更新

バックナンバー一覧

第19回:2013年前半最大の出会い、UQiYOを強力にオススメします!!

5/14に1stアルバムリリースしたばかりの2人組ユニット。MVもセンス最高です。

この記事の筆者

1962年生まれ。DrillSpinのコラムコンテンツ担当編集者です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月22日、DrillSpinのお問い合わせアドレス宛にメールが届いた。私、編集部Tに名指しでライブに来て欲しいとのこと。ライブの概要は、イベント名:「浮キ夜星降ル物語~UQiYOの音楽と映像の宴~」
日時:2013/5/12(日) 19:00開場 19:30開演
場所:渋谷UPLINK FACTORY
http://www.uplink.co.jp/event/2013/10268
2010年から活動を開始して約3年となる2人組の音楽ユニット「UQiYO」(ウキヨ)のアルバムリリースパーティで映像クリエイター、柘植泰人氏とのコラボ的なライブ。場所はライブハウスではなく、UPLINKという約100名キャパの映画館です。では、まずは最新MVを!

UQiYO「At the Starcamp」

UQiYOプロフィール
元トイズファクトリーのインディーレーベルに所属していた"cork"のYuqi(Vo/Composer)とPhantao(Key)が2010年に出会い、活動を開始。2013年5月に1stアルバム『UQiYO』をリリース。ライブではサポートメンバーのSatoshi Shimada(Ds)を加えた3名で活動中。
イイでしょ?
で、ライブの話に戻ります。ちょうど19時頃に到着して会場に入ると既に3割程度は着席し始めていたので、前から4列目のほぼ真ん中に着席。20代の女性が2/3、男性1/3、カップル率も結構高く、客席には美人が多い (お世辞じゃなく本当に!)。ステージ上には、PVと同じ両端に鍵盤があるオリジナルの机型キーボードと後ろにドラムセット、そのまま映画という感じのスクリーンがあった。

そして、19:30過ぎからライブ開始。

左:Phantao(Key)、中:Satoshi Shimada(Ds)、右:Yuqi(Vo、Key、G)

写真の通り、ラジオの収録スタジオみたいに2人が向かい合って座っていて顔を見合わせながら、それを横から見るというスタイル。歌っているのはYuqiひとりだけなのに、ハモリが聞こえてくるので「あれっ!」と思うとフットスイッチを駆使して曲の中でフレーズサンプラーを主メロをサンプリングしながら、下のハーモニーパートを重ねて2人分、3人分と増えていく。今までフレーズサンプラーは、七尾旅人やまざきまさよしAFRAのライブでに使われかたを見てきたのだが、それらはどちらかというと曲の最初にブレイクビーツ的に重ね合わせて行く手法だったが、曲中で歌だけをサンプリングするというやり方はあまり見たことがなかったので、ちょっと驚いたがきっとUQiYOはこれでやってきたのだと納得。ギターを弾いて歌いながらいつの間にかフットスイッチでサンプリング、非常に器用です。ファルセットを多用した歌い方に少々トム・ヨークの影響を感じたのですが、第2部でカバーを披露。

UQiYO「No Surprises」

ご存知、レディオヘッドの『OK Computer』からシングルカットされた曲です。これは吉祥寺のカフェで収録されたものです。後半、3:35あたりからハーモニーが重なっていくところをチェックしてみてください。

今回のライブは2回の休憩を挟んだ3部構成で、最初のステージでは映画などからのシーンを編集した映像が使われましたが、2部では柘植泰人(つげやすひと)さんの映像作品にシンクロさせた演奏。柘植さんの京都、江ノ島、タイまでの映像はそのひとつひとつが映画を観るようなストーリー性を持っていて、しばし映像に見とれてしまいました。

では、柘植さん撮影&編集、UQiYOが音楽を担当した2本を紹介します。

THAILAND Nov 4-5 , 2012 from augment5 Inc. on Vimeo.


Tanba Nov 19-22 , 2012 from augment5 Inc. on Vimeo.


基本的に歌詞は英語ですが、「Picnic」という曲は日本語。絶対に日本語では歌わないということではないようです。

UQiYO「Picnic」

ということでライブを堪能し、会場で販売していたCD『UQiYO』を購入、この数日間聴いているのですが、長い時間をかけて制作されていることもあって非常に緻密に作り込まれていて、完成度は世界で充分勝負出来る力を持っています!UQiYOの頭の中で鳴っている完成型を垣間みるにはライブのみではなく、絶対に音源をきく必要があり、それは期待を遥かに超えたものだと言い切ってしまいます!上のMVをもし、気に入ったら聴いてみてください!!

アルバム『UQiYO』ダウンロードはこちら
iTunesで買う
CDはライブ会場で入手可能です。

公式サイト:http://uqiyo.com
Facebook:https://www.facebook.com/Uqiyo

■告知

新宿MARZでライブ出演します。
日時:2013年5月23日(木) 18:30 開場/19:00 開演
(UQiYOの出番は21:15頃~を予定)
場所:新宿MARZ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

1.2万円のヘッドホン(FOSTEX T50RP)を改造して12万円台の音にする
海外のヘッドホンマニアの間では定番となりつつあるFOSTEX T50RP MOD(改造)を自腹切ってやってみました。良い子は真似... 筆者:編集部K 2014/04/08(火) DrillSpin Picks
第41回:70年代ファンクここから聴け!ベスト10選
どれも代表曲ばかりですが、やっぱり全部いいね!生演奏モノホンのファンクにズボズボと浸ってください!! 筆者:印南敦史(いんなみ あつし) 2012/09/07(金) 読むナビDJ
第161回:追悼・ニューオーリンズが生んだ偉大なる作曲家アラン・トゥーサンの名演15選
ニューオーリンズ・ミュージックの外交官的な役目を担い、ロックやソウルをプロデュースした作曲家の(ホントはもっと入... 筆者:小川真一 2015/11/12(木) 読むナビDJ
第47回:いつの間にロック少年は「洋楽」を聴かなくなったのか?
かつてロック少年は、ガツンとくる洋楽ロックの洗礼を受けたもんだけど最近はすっかり見かけなくなってしまったようで。... 筆者:柴 那典 2012/12/04(火) コラムスピン
第35回:イーグルスだけじゃない、70年代ウエストコースト・ロック・バンド名作10選
多くの人からリクエストがあり、60年末から70年代に活躍したウエストコースト・ロック・バンド10選を特集。初級者にもマ... 筆者:小川真一 2012/06/22(金) 読むナビDJ

コラム一覧

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる