読むナビDJ :第70回:グスタボ・サンタオラージャの映画音楽作品集10選

更新

バックナンバー一覧

第70回:グスタボ・サンタオラージャの映画音楽作品集10選

~『ブロークバック・マウンテン』『バベル』『オン・ザ・ロード』ほか~

『21グラム』『モーターサイクル・ダイアリーズ』『ブロークバック・マウンテン』『バベル』そしてこれから公開の『オン・ザ・ロード』で音楽を担当しているサンタオラージャの作品集。

この記事の筆者

音楽&旅ライター。レコード会社勤務の傍らDJ、執筆、「喫茶ロック」企画などで活動。退社後、2年間に渡って中南米を放浪し祭りと音楽を堪能。帰国後は「ラティーナ」誌でのアルゼンチン音楽連載をはじめ、ラテン、ワールドミュージック、和モノから、旅行記や世界遺産にいたるまで幅広いジャンルで、雑誌、ウェブ、ライナーノーツの執筆、ラジオや機内放送の選曲構成、トークイベント、ライヴハウスのブッキング企画など多岐に渡って活動中。All About「アルゼンチン」ガイド。著書に『ブエノスアイレス 雑貨と文化の旅手帖』『喫茶ロック』最新の著書は『アルゼンチン音楽手帖』(DU BOOKS)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、一番勢いのある映画音楽作家といえば、間違いなく彼の名が挙がるのではないでしょうか。それは、世界的なミュージシャンでありプロデューサーのグスタボ・サンタオラージャ

1951年にアルゼンチンのブエノスアイレス近郊の町で生まれたサンタオラージャは、60年代後半のアルゼンチン・ロック黎明期から活躍。その後米国に渡ってからは、ロック・エン・エスパニョール(スペイン語ロック)のプロデューサーとして売れっ子となり、フアネスカフェ・タクーバなどをスターに仕立て上げました。また、バホフォンドというタンゴとエレクトロニカをミックスしたグループのリーダーとしても世界中をツアーで回っています。

サンタオラージャが映画音楽の世界に入ったきっかけは、チャランゴというアンデスの弦楽器を使ったインストのソロ・アルバム『ロンロコ』(1998年)。本作が映画『インサイダー』(1999年)やCMなどで使用されたことで注目を浴びました。2005年と2006年には、2年連続でアカデミー作曲賞を受賞したこともあり、一躍トップクラスの映画音楽作家としての地位を築きました。

この夏は、ジャック・ケルアックのビート文学を映画化した『オン・ザ・ロード』が日本公開されるので、彼のアルゼンチンの音楽を意識しつつグローバルな魅力にあふれた独特の音楽世界があらためて評価されることでしょう。

『アモーレス・ペロス』(2000年)

サンタオラージャの出世作であると同時に、メキシコを代表する監督となったアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥのデビュー作。メキシコシティのダークな一面を描いた秀作ですが、音楽もメインはメキシコのロックやヒップ・ホップがふんだんに使われています。サンタオラージャのスコアは、哀愁を帯びたギターの音色とチャランゴのトレモロが効いた印象的なサウンドで、映像に深みを与えていました。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

『11'09''01/セプテンバー11』(2002年)

2001年のアメリカ同時多発テロをテーマにしたオムニバス映画で、メキシコからはイニャリトゥ監督が抜擢。同時にサンタオラージャも音楽を手がけることになりました。11分間の映像の中で、緊張感に満ちたナレーションや爆発音にミックスされるチャランゴのトレモロが見事。後半に出てくるストリングスはクロノス・クァルテットで、彼らのアルバム『ヌエボ』(2002年)をサンタオラージャがプロデュースしています。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

『21グラム』(2003年)

イニャリトゥ監督と組んで、初めてハリウッドに進出した記念すべき作品。心臓ドナーをモチーフにした群像劇で、ショーン・ペンの哀しみに満ちた演技が印象的でした。本作でも、チャランゴやバンドネオンといったアルゼンチン特有の楽器を使い、ミニマムな編成でさりげない音響空間を演出しています。このエンディングテーマは、『11'09''01/セプテンバー11』に続いて、クロノス・クァルテットとコラボレートしました。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

『モーターサイクル・ダイアリーズ』(2004年)

ブラジルのウォルター・サレス監督が、チェ・ゲバラの青春時代に敢行したラテンアメリカ・バイク旅を映画化した作品。ガエル・ガルシア・ベルナルが主役を演じ、日本でもヒットしました。この「De Ushuaia A La Quiaca」という曲は、もともとサンタオラージャのアルバム『ロンロコ』に収められていたものですが、まるでこの映画のために書き下ろしたかのようなはまり具合でした。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

『ブロークバック・マウンテン』(2005年)

アン・リー監督が、ワイオミング州の大自然を舞台に男同士の愛を描いて話題になった映画です。この作品でサンタオラージャは、初のアカデミー音楽賞を受賞します。ウィリー・ネルソンエミルー・ハリスといったカントリー・ポップのシンガーをプロデュースしたことも特筆すべきですが、劇伴のインストもアメリカン・テイストでこれまでとは一味違う作風になりました。ここでは貴重なスタジオライヴの映像をお楽しみください。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

『バベル』(2006年)

イニャリトゥ監督の大ヒット作で、米国、モロッコ、そして日本を舞台に交錯するスケールの大きな物語。サンタオラージャは、単に劇伴を作るという仕事にとどまらず、実際にロケ地に赴き、現地のミュージシャンともセッションを重ねたそうです。この曲は、前半は坂本龍一が96年にジャキス・モレレンバウム等と録音した「美貌の青空」ですが、そこにチャランゴを重ねていきサンタオラージャの世界へ誘います。サンタオラージャは、本作で2年連続オスカー受賞。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

『アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち』(2008年)

“タンゴ版ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ”というべきドキュメンタリー映画。タンゴの巨匠を一堂に集めてレコーディングし、コンサートを開くまでが描かれますが、その元となったアルバム『Cafe De Los Maestros』(2005年)も含めてサンタオラージャのプロデュース作品。映画には出演するだけでなく、編集や脚本にも関わったようです。実際の音楽はタンゴのスタンダードばかりなので、サントラとは少し意味合いが違いますが、彼の映画史の中では重要作といえます。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

『BIUTIFUL ビューティフル』(2010年)

お互いにすっかり無くてならない存在となったイニャリトゥ監督とのコラボレーション。ハビエル・バルデムが末期ガンに冒された孤独な男を演じて話題になりました。サンタオラージャの音楽もこれまでの作風を踏襲しつつも、より空間的な広がりを意識したサウンドを作り上げています。イニャリトゥ監督自身もマリンバを叩いたり、現代音楽の精鋭オスバルド・ゴリホフがアレンジを手がけていることにも要注目。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

『オン・ザ・ロード』(2012年)

サンタオラージャの劇場映画作品としては最新作。ジャック・ケルアックの伝説的ビート文学『路上』を映画化したもので、監督は『モーターサイクル・ダイアリーズ』のウォルター・サレスチャーリー・パーカーなどのジャズに混じって、サンタオラージャ特有のメランコリックなサウンドが交錯していきます。『バベル』などに代表されるいわゆるロード・ムーヴィー音楽の集大成といってもいいでしょう。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

『The Last of Us』(2013年)

こちらは映画ではなく、プレイステーション3のゲームソフトのために作られたサントラ。日本発売もされますが、主に海外マーケットを視野に入れたアクション大作です。この映像は、サンタオラージャのインタビューやレコーディング風景、コンサートの模様など貴重なシーンが満載なので、彼のクリエイティヴィティを知るには恰好の資料。フル・オーケストラからチャランゴ・ソロまで、サンタオラージャのヴァラエティ豊かな特性がよくわかります。



収録アルバム
amazon.co.jpで買う

■この筆者「栗本 斉」の執筆書籍

アルゼンチン音楽手帖
amazon.co.jpで買う

■この筆者「栗本 斉」の関連リンク

HP:http://www.tabi-rhythm.com/
twitter:@tabirhythm
facebook:https://www.facebook.com/tabirhythm
blog:http://blog.livedoor.jp/tabi_rhythm/

■この筆者「栗本 斉」のコラム

読むナビDJ 第79回:知っていると自慢できるアントニオ・カルロス・ジョビンの10曲
読むナビDJ 第77回:誰もが知ってるアントニオ・カルロス・ジョビンの超名曲10選
読むナビDJ 第70回:グスタボ・サンタオラージャの映画音楽作品集10選
読むナビDJ 第64回:エレクトロ・ディスコ界のレジェンド、ジョルジオ・モロダー・ワークス10選
読むナビDJ 第61回:アルゼンチン・タンゴ meets ロック&エレクトロニカ
読むナビDJ 第58回:キューバ音楽の新潮流
読むナビDJ 第43回:アルゼンチン発コンテンポラリー・フォルクローレの世界
読むナビDJ 第42回:静かなる音楽~クワイエット・ミュージックを知る名作10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

第41回:70年代ファンクここから聴け!ベスト10選
どれも代表曲ばかりですが、やっぱり全部いいね!生演奏モノホンのファンクにズボズボと浸ってください!! 筆者:印南敦史(いんなみ あつし) 2012/09/07(金) 読むナビDJ
1.2万円のヘッドホン(FOSTEX T50RP)を改造して12万円台の音にする
海外のヘッドホンマニアの間では定番となりつつあるFOSTEX T50RP MOD(改造)を自腹切ってやってみました。良い子は真似... 筆者:編集部K 2014/04/08(火) DrillSpin Picks
第35回:イーグルスだけじゃない、70年代ウエストコースト・ロック・バンド名作10選
多くの人からリクエストがあり、60年末から70年代に活躍したウエストコースト・ロック・バンド10選を特集。初級者にもマ... 筆者:小川真一 2012/06/22(金) 読むナビDJ
第113回:ハワイアン・スラックキー・ギターの名手10選
以前からやりたかったハワイアン、特に変則チューニングのスラックキー・ギタリストによる名曲・名演のセレクションを新... 筆者:栗本斉 2014/06/12(木) 読むナビDJ
第49回:日本語と英語でゆる~くブレイクするか?UK発3人組「ケロケロボニト」
ここ最近、すっかりヘヴィローテーションで「ケロケロ」漬けの毎日です。かわいくて日本語と英語の混ざり具合が最高でハ... 筆者:小林“こばーん”朋寛 2014/09/03(水) Who's Next

コラム一覧

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる