読むナビDJ :第77回:誰もが知ってるアントニオ・カルロス・ジョビンの超名曲10選

更新

バックナンバー一覧

第77回:誰もが知ってるアントニオ・カルロス・ジョビンの超名曲10選

7月にDVD/BD「素晴らしきボサノヴァの世界」が発売されたばかりのブラジル音楽界最高の作曲家、アントニオ・カルロス・ジョビンの入門編代表曲10選。

この記事の筆者

音楽&旅ライター。レコード会社勤務の傍らDJ、執筆、「喫茶ロック」企画などで活動。退社後、2年間に渡って中南米を放浪し祭りと音楽を堪能。帰国後は「ラティーナ」誌でのアルゼンチン音楽連載をはじめ、ラテン、ワールドミュージック、和モノから、旅行記や世界遺産にいたるまで幅広いジャンルで、雑誌、ウェブ、ライナーノーツの執筆、ラジオや機内放送の選曲構成、トークイベント、ライヴハウスのブッキング企画など多岐に渡って活動中。All About「アルゼンチン」ガイド。著書に『ブエノスアイレス 雑貨と文化の旅手帖』『喫茶ロック』最新の著書は『アルゼンチン音楽手帖』(DU BOOKS)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏といえば、ボサノヴァを聴きたくなる季節。そしてボサノヴァといえば、なんといってもアントニオ・カルロス・ジョビンでしょう。ボサノヴァというジャンルを確立させた音楽家というだけでなく、世界でもっとも演奏されているソングライターのひとり。誰だって彼のメロディをどこかで聴いているはずです。

ジョビンは1927年にリオ・デ・ジャネイロで生まれ、1994年に死去するまでに数多くの名曲を生み出し、ボサノヴァをはじめとするブラジル音楽を世界レベルに押し上げる役割を果たしました。その偉業は、最近商品化された貴重な映像作品『アントニオ・カルロス・ジョビン 素晴らしきボサノヴァの世界』を見れば納得するはずです。

ここでは、ジョビンの数ある楽曲の中から、定番ともいえる超名曲をセレクト。ボサノヴァのスタンダードを聴きながら、夏の疲れを癒してみてください。

ジョアン・ジルベルト&アントニオ・カルロス・ジョビン

「想いあふれて / Chega De Saudade」

“ボサノヴァ最初の曲”として知られる1959年に作られた名曲です。元々はエリゼッチ・カルドーソのために書いた曲ですが、ジョアン・ジルベルトの才能に惚れ込んだジョビンは、彼のデビュー曲にこの曲を選びました。ジョアンの弾くバチーダという独特のギターのリズムこそが、ボサノヴァ・サウンドの特徴。ここでは、1992年にリオ・デ・ジャネイロでこの2人が共演した奇跡的なコンサートの映像を堪能してください。



amazon.co.jpで買う

映画『黒いオルフェ』

「ア・フェリシダーヂ / A Felicidade」

ボサノヴァを世界に知らしめた要素として、1959年の映画『黒いオルフェ』も大きな存在です。外交官でもあった作詞家ヴィニシウス・ヂ・モライスの戯曲『オルフェウ・ダ・コンセイサゥン』の映画化で、カンヌ映画祭でグランプリを受賞しました。ルイス・ボンファが作った「カーニバルの朝」が有名ですが、このジョビンの「ア・フェリシダージ」も映画で重要な役割を担っています。1999年に『オルフェ』としてリメイクされた際も、この曲は効果的に使われていました。



amazon.co.jpで買う

アストラッド・ジルベルト&スタン・ゲッツ

「イパネマの娘 / Garota De Ipanema」

たとえジョビンの名を知らなくても、この曲を聴いたことがない人はいないでしょう。1962年に作られ、翌年にサックス奏者スタン・ゲッツの名盤『ゲッツ/ジルベルト』に収録されたアストラッド・ジルベルトの歌唱によって大ヒット。米国及び世界中でボサノヴァ・ブームを巻き起こします。作詞家ヴィニシウス・ヂ・モライスとジョビンが、行きつけのバーで見た美少女が歩く姿をヒントに作ったという、世界でもっとも演奏されている楽曲のひとつです。



amazon.co.jpで買う

アントニオ・カルロス・ジョビン&ヴィニシウス・ヂ・モライス

「おいしい水 / Água De Beber」

「イパネマの娘」をはじめ、ジョビンの楽曲にストーリー性を持たせて名曲に仕立て上げた立役者の作詞家ヴィニシウス・ヂ・モライス。この2人のタッグで作った「おいしい水」も、ボサノヴァを代表する名曲です。ヴィニシウスはジョビン以外にも、バーデン・パウエルトッキーニョとも共作があり、ピエール・バルーなどフランスのミュージシャンにもボサノヴァを伝えました。この映像は、ジョビンとヴィニシウスの貴重な共演ライヴから。



amazon.co.jpで買う

アントニオ・カルロス・ジョビン&ジョアン・ドナート

「ワン・ノート・サンバ / Samba De Uma Nota Só ~ デサフィナード / Desafinado」

ジョビンの幼なじみでもあったピアニストのニュウトン・メンドンサと共作した名曲2曲のメドレー。この映像は、ジョアン・ドナートとジョビンが1964年にテレビ番組で共演した貴重なヴァージョンです。ワン・コードなのにとても表情豊かに展開する「ワン・ノート・サンバ」と、“調子っぱずれ”という意味を持ちながらも非常にメロディアスな「デサフィナード」。ニュウトンは残念なことに、ボサノヴァ・ブームを知ることなく1960年に急逝しました。



amazon.co.jpで買う

アントニオ・カルロス・ジョビン

「波 / Vou Te Contar」

ジョビンの楽曲はジャズ・ミュージシャンに多く取り上げられていますが、彼自身がジャズ/フュージョンの名門レーベルであるCTIからリリースしていたことも理由のひとつ挙げられます。とく1967年の『Wave』は、クリード・テイラーのプロデュースによる洗練されたサウンドが素晴らしく、ジョビンの最高傑作に挙げられることもしばしば。この映像は、1986年に日比谷野外音楽堂で行われた伝説の来日コンサートから。



amazon.co.jpで買う

フランク・シナトラ&アントニオ・カルロス・ジョビン

「コルコヴァード / Corcovado」

ジョビンが世界的に成功したことの証として、米国ショー・ビジネス界のドン、フランク・シナトラとの共演は外せない出来事といえるでしょう。1967年には共作アルバム『Francis Albert Sinatra & Antonio Carlos Jobim』を発表しています。そもそもボサノヴァのミュージシャンたちはシナトラに憧れ、そして影響を受けていたので、このコラボレーションも自然な流れ。映像は「Change Partners」などシナトラの持ち歌を挿入したボサノヴァ・メドレーです。



amazon.co.jpで買う

エリス・レジーナ&アントニオ・カルロス・ジョビン

「三月の水 / Águas De Março」

ブラジルの国民的歌手といえばエリス・レジーナ。彼女のエモーショナルな歌唱法はボサノヴァに向かないといわれ、実際エリス本人もボサノヴァを毛嫌いしていたともいわれています。ところがこの相反する二人が、ボサノヴァ・ブーム終焉後の1974年に『Elis & Tom』という傑作アルバムを作り、ブラジル音楽ファンを驚かせます。とくに「三月の水」は笑いながら歌う様子が印象的で、とてもリラックスしたヴァージョンに仕上がっています。



amazon.co.jpで買う

ミウシャ&アントニオ・カルロス・ジョビン

「ジェット機のサンバ / Samba Do Avião」

ジョビンがどれだけ偉大かということを伝えるには、リオ・デ・ジャネイロの空港が1999年に「アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港」と改名されたことがわかりやすいかもしれません。代表曲のひとつである「ジェット機のサンバ」は、飛行機好きだったジョビンが、しばしば空港に通っていたことから生まれた高揚感に満ちた楽曲で、ヴァリグ・ブラジル航空のCMソングとして発表されました。 映像は1978年イタリア・ミラノで収録されたもので、ヴォーカルはミウシャ



amazon.co.jpで買う

アントニオ・カルロス・ジョビン

「ハウ・インセンシティヴ / Insensatez」

ジョビンのメロディの魅力は、どこか切ない哀愁味。ブラジルでいわれるところの“サウダージ”という感覚です。そのサウダージ感に溢れている代表曲が、「ハウ・インセンシティヴ」。この曲はジャズ・ミュージシャンに取り上げられることも多く、ジョビン自身も晩年まで重要なレパートリーとしてよく演奏していました。また、ジョビンの遺作アルバム『Antonio Brasileiro』(1994年)ではスティングが歌っており、憂いのある名ヴァージョンに仕上がっています。



amazon.co.jpで買う

■最新映像作品

アントニオ・カルロス・ジョビン 素晴らしきボサノヴァの世界 [Blu-ray]
amazon.co.jpで買う

アントニオ・カルロス・ジョビン 素晴らしきボサノヴァの世界 [DVD]
amazon.co.jpで買う

■関連コラム

読むナビDJ 第79回:知っていると自慢できるアントニオ・カルロス・ジョビンの10曲
読むナビDJ 第34回:ボサ・ノヴァ人物10選 後編 ~伊達男5人衆のエピソード秘話~
読むナビDJ 第33回:ボサ・ノヴァ人物10選 前編 ~新説:誕生をめぐる5人のキーパーソン~

■この筆者「栗本 斉」の関連リンク

HP:http://www.tabi-rhythm.com/
twitter:@tabirhythm
facebook:https://www.facebook.com/tabirhythm
blog:http://blog.livedoor.jp/tabi_rhythm/

■この筆者「栗本 斉」のコラム

読むナビDJ 第79回:知っていると自慢できるアントニオ・カルロス・ジョビンの10曲
読むナビDJ 第77回:誰もが知ってるアントニオ・カルロス・ジョビンの超名曲10選
読むナビDJ 第70回:グスタボ・サンタオラージャの映画音楽作品集10選
読むナビDJ 第64回:エレクトロ・ディスコ界のレジェンド、ジョルジオ・モロダー・ワークス10選
読むナビDJ 第61回:アルゼンチン・タンゴ meets ロック&エレクトロニカ
読むナビDJ 第58回:キューバ音楽の新潮流
読むナビDJ 第43回:アルゼンチン発コンテンポラリー・フォルクローレの世界
読むナビDJ 第42回:静かなる音楽~クワイエット・ミュージックを知る名作10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

第41回:70年代ファンクここから聴け!ベスト10選
どれも代表曲ばかりですが、やっぱり全部いいね!生演奏モノホンのファンクにズボズボと浸ってください!! 筆者:印南敦史(いんなみ あつし) 2012/09/07(金) 読むナビDJ
1.2万円のヘッドホン(FOSTEX T50RP)を改造して12万円台の音にする
海外のヘッドホンマニアの間では定番となりつつあるFOSTEX T50RP MOD(改造)を自腹切ってやってみました。良い子は真似... 筆者:編集部K 2014/04/08(火) DrillSpin Picks
第35回:イーグルスだけじゃない、70年代ウエストコースト・ロック・バンド名作10選
多くの人からリクエストがあり、60年末から70年代に活躍したウエストコースト・ロック・バンド10選を特集。初級者にもマ... 筆者:小川真一 2012/06/22(金) 読むナビDJ
第113回:ハワイアン・スラックキー・ギターの名手10選
以前からやりたかったハワイアン、特に変則チューニングのスラックキー・ギタリストによる名曲・名演のセレクションを新... 筆者:栗本斉 2014/06/12(木) 読むナビDJ
第49回:日本語と英語でゆる~くブレイクするか?UK発3人組「ケロケロボニト」
ここ最近、すっかりヘヴィローテーションで「ケロケロ」漬けの毎日です。かわいくて日本語と英語の混ざり具合が最高でハ... 筆者:小林“こばーん”朋寛 2014/09/03(水) Who's Next

コラム一覧

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる