Who's Next :第33回:フリクルで楽曲を無料配信している エンタメ感溢れるヴィジュアル系バンド

更新

バックナンバー一覧

第33回:フリクルで楽曲を無料配信している エンタメ感溢れるヴィジュアル系バンド

フリクル配信アーティスト第9弾は、ムシケラトプス、リモ☆with SAVANNA P.K. ORCHESTRA、Riot Labyrinthというエンタメ系ヴィジュアル・バンド3選!!

この記事の筆者

1975年生、東京都出身。ロックを中心としたポップミュージックの現在、とりわけアマチュア/インディミュージシャンとそれらを取り巻く環境について言及。Frekulに賛同し、ライターとして協力中。togetterまとめ「続・なぜライブハウスはバンドに集客を依存するのか?」は15万viewを超える人気エントリー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かつてはダークでヘヴィー、耽美的…と、ある種の敷居の高さがその特徴だったヴィジュアル系も、近年ではだいぶ様変わりしています。華美で派手なメイクや衣装は当然ながら、その見せ方やパフォーマンスの在り方については多様化しているのをご存知の方も多いでしょう。今回は多彩な現代ヴィジュアルシーンの中でも、特にポップでエンターテインメント感の際立つアーティストに注目してみました。

ムシケラトプス

「ぐるぐる廻し車」

プロフィール
都内で活動中のキワモノエンターテイメントロックバンド。メンバー:高崎"ヘラクライスト"竜爾(ヴォーカル)、デスエリンギことDIE吉(ギター)、汁(ベース)、ますく(キーボード)、ミワ(ドラムス)。多彩な楽曲と世界観でライブハウスをメインに躍進中。
キワモノを自称するのも伊達ではないアートワークのキッチュさは、一見やり過ぎにも見えるがゆえに却って「何かやってくれそうな」印象と期待をもたらす。そして楽曲、或いはMVを視聴すればその佇まいが道化でないことを確信するだろう。激しいロックサウンドを基調にフックの効いたメロディを乗せた音楽性は徹底的にキャッチーで、一聴して素直にノッてしまう。その意味では決してキワモノではなく、むしろエンターテインメントを追及する王道のバンドと言えよう。
Frekulプロフィールページ
ムシケラトプス 公式サイト

リモ☆with SAVANNA P.K. ORCHESTRA

「ステキ☆チューン -S.A.V.A.N.N.A. Party!!-」

プロフィール
2009年3月結成。V系アニマルロックのパイオニアとして現在活動中。メンバーはVo.リモ☆を筆頭に、10匹前後の動物メンバー達が所狭しと大暴れ。通常のロックバンドではあり得ない、奇想天外、常識はずれなライブは一見の価値アリ。
メンバー1人と10匹の大所帯が所狭しと暴れ回る姿はそれだけで既に壮観。会場の大小によってメンバー数の増減があり、過去最大は驚きの1人と26匹(!)だという。また大人数だと飽和しがちな音数を聴きやすい音像にまとめ上げる作曲/アレンジの手腕、各メンバーの音楽的引き出しの多さ、そしてそれらをVo.リモ☆を中心にヴィジュアル系としてまとめ上げるプロデュースワークも見事と言うほかない。まさしくパーティアニマル、と呼ぶべきバンドだ。
Frekulプロフィールページ
リモ☆with SAVANNA P.K. ORCHESTRA 公式サイト

Riot Labyrinth

「キラ☆キラ」

プロフィール
都内を中心に活動するヴィジュアル系ロックバンド、通称ライラビ。ke-go(Vo)、COVA(Dr)、shuji(Gt)、Nekocha(Ba)。
ジャンルにとらわれない新しいスタイルのバンドとして全国的に活動中。

ライブ会場でのシンガロングが目に浮かぶメロディに、ダンサブルかつ小技の効いたリズムと聴かせどころをわきまえたギター、きらびやかで広がりのあるアレンジが心地良い。加えてメンバー各々の持つポップなセンスが冴え渡り、ハードでありながら極めてキャッチーなサウンドを実現している。まさしくアートワークの示す通り、ヤンチャな華やかさとダークさの共存するバンドだ。それを象徴するようなVo.ke-goの、伸びやかにして尖った色気を持つ歌声も必聴だ。
Frekulプロフィールページ
Riot Labyrinth 公式サイト

■フリクル関連コラム

Who's Next 第29回:フリクルで楽曲を無料配信している 静と動のコントラストが印象的なロックバンド
Who's Next 第25回:フリクルで楽曲を無料配信している、筆者が生で聴きたいアーティスト3選
Who's Next 第20回:フリクルで楽曲を無料配信している、男性ポップヴォーカル3選
Who's Next 第16回:フリクルで楽曲を無料配信している実力派女性ヴォーカルポップス3選
Who's Next 第12回:フリクルで楽曲を無料配信している音響系アーティスト3選
Who's Next 第10回:フリクルで曲を無料配信している、独自の世界観を打ち出すセルフプロデュースバンド3選
Who's Next 第6回:フリクルで楽曲を無料配信しているソロ・インストアーティスト3選
Who's Next 第3回:フリクルで楽曲を無料配信している注目のロックバンド3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

第47回:いつの間にロック少年は「洋楽」を聴かなくなったのか?
かつてロック少年は、ガツンとくる洋楽ロックの洗礼を受けたもんだけど最近はすっかり見かけなくなってしまったようで。... 筆者:柴 那典 2012/12/04(火) コラムスピン
第55回:「聴き放題」だけでは音楽ストリーミングサービスが成功しない理由
3月に入って選択肢が増えた月額定額制音楽配信サービスですが、さて、どれにするか迷うところ。欧米のように、一般的に... 筆者:柴 那典 2013/03/05(火) コラムスピン
第40回:iTunes Store は日本で失敗しているんだよ
大型CDショップとレンタルのチェーン店舗。日本には海外にはない、日本独自の音楽を取り巻く環境があります。そんな中で... 筆者:山口哲一(音楽プロデューサー) 2012/10/09(火) コラムスピン
第35回:イーグルスだけじゃない、70年代ウエストコースト・ロック・バンド名作10選
多くの人からリクエストがあり、60年末から70年代に活躍したウエストコースト・ロック・バンド10選を特集。初級者にもマ... 筆者:小川真一 2012/06/22(金) 読むナビDJ
1.2万円のヘッドホン(FOSTEX T50RP)を改造して12万円台の音にする
海外のヘッドホンマニアの間では定番となりつつあるFOSTEX T50RP MOD(改造)を自腹切ってやってみました。良い子は真似... 筆者:編集部K 2014/04/08(火) DrillSpin Picks

コラム一覧

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる