Who's Next :第38回:フリクルで楽曲を無料配信している 異国感漂う女性ヴォーカル・ポップスアーティスト3選

更新

バックナンバー一覧

第38回:フリクルで楽曲を無料配信している 異国感漂う女性ヴォーカル・ポップスアーティスト3選

フリクル配信アーティスト第11弾は、klee、SHUNA、l'avionという女性ヴォーカル・ユニット/シンガーソングライターの3組です。

この記事の筆者

1975年生、東京都出身。ロックを中心としたポップミュージックの現在、とりわけアマチュア/インディミュージシャンとそれらを取り巻く環境について言及。Frekulに賛同し、ライターとして協力中。togetterまとめ「続・なぜライブハウスはバンドに集客を依存するのか?」は15万viewを超える人気エントリー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語で歌われるポップス、と言ってもいわゆるJ-POPや歌謡曲ばかりではありません。英語圏のみならず世界各国の、多種多様な音楽スタイルをリスペクトしながら、かつ心地良く聴けるポップスに仕上げようと試みる素晴らしいアーティストたちが日本にもたくさんいます。今回はそうしたワールドワイドなサウンドスケープと日本語との絶妙なバランスを、美しい女性ボーカルと共にお楽しみください。

klee

「blocks」

プロフィール
2011年結成、yumi(Vo)、nobu(B)、hiro(Dr)の3人で都内を中心に活動中。バンド名は画家のポール・クレー(Paul Klee)が由来。yumiの凛として憂いある伸びやかな声と、浮遊感漂うメロディが調和した独自のポップネスが特徴。
北欧系ワールドミュージックの影響を感じさせる、スケールの大きなサウンドスケープが心地良い。そこを自由に飛び回るかのようなVo.yumiの、柔らかくも透徹した意志を感じさせる歌声が、バンドの描き出す世界観へとリスナーを誘ってくれる。また卓越した理論家として知られる画家のクレーから取ったというバンド名の示す通り、トリッキーな譜割りなど様々な実験精神を伴いながらも、美しさとポップネスを失わない緻密なソングライティングも素晴らしい。
klee プロフィールページ
klee 公式サイト

SHUNA

「Minimal symbolism.」

プロフィール
唄う、舞う、たゆたう。一枚のドレスを身に纏い、素足のままステージに上がる。ミニマルな楽曲とは裏腹に、すべての感覚を使って唄う姿は観ているものの感情を、どこまでも揺さぶる。孤独感を美しく表現し続けるシンカーソングライター。
ミニマルかつアンビエントを基調とした楽曲は静謐で重く、その中ををたゆたうSHUNA(シュナ)の歌声もまた、抑制されているがゆえに、あふれ出して聞こえる痛みが聴き手の感情を揺り動かす。それでもなお陰鬱にならないのは、孤独な暗闇の中でなお強く生きようとする生命力をこそ歌っているからだろうか。楽曲のみならず全てを自身で作成するという映像やジャケット制作などのアートワークも含め、自ら表現すべきものに抱く確信を強く感じさせてくれるアーティストだ。
SHUNA プロフィールページ
SHUNA 公式サイト

l'avion

「Com Voce ~大切な想い~」

プロフィール
ジャズやブラジル音楽を演奏していた、椎名まり(Vo)と荒砂真也(G)が2011年に結成したユニット。ボサノバ、サンバ、ジャズなどを独自のスタイルで演奏。オーガニックなサウンドは多方面で高い評価を受けている。今年9月に3rd Albumを発売。
ジャズ、ブラジル、ソウル等様々なルーツミュージックを、卓越したテクニックと現代的なセンスを以て美しい日本語ポップスに昇華させるl'avion(ラヴィオン)。ジャズギタリストとしても活躍する荒砂の情感豊かなプレイに乗せ、椎名の柔らかい歌声が優しく響く多国籍感溢れる音像は、聴いていると一時どこか旅をしているかのようにも思える。曲の終わりと共に現実に帰って来るにつけ、再度その世界に浸るべくついリピートしてしまう中毒性の高いサウンドをぜひ味わって欲しい。
l'avion プロフィールページ
l'avion 公式サイト

■フリクル関連コラム

Who's Next 第35回:フリクルで楽曲を無料配信している男性ヴォーカル・アコースティックアーティスト3選
Who's Next 第33回:フリクルで楽曲を無料配信している エンタメ感溢れるヴィジュアル系バンド
Who's Next 第29回:フリクルで楽曲を無料配信している 静と動のコントラストが印象的なロックバンド
Who's Next 第25回:フリクルで楽曲を無料配信している、筆者が生で聴きたいアーティスト3選
Who's Next 第20回:フリクルで楽曲を無料配信している、男性ポップヴォーカル3選
Who's Next 第16回:フリクルで楽曲を無料配信している実力派女性ヴォーカルポップス3選
Who's Next 第12回:フリクルで楽曲を無料配信している音響系アーティスト3選
Who's Next 第10回:フリクルで曲を無料配信している、独自の世界観を打ち出すセルフプロデュースバンド3選
Who's Next 第6回:フリクルで楽曲を無料配信しているソロ・インストアーティスト3選
Who's Next 第3回:フリクルで楽曲を無料配信している注目のロックバンド3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

第47回:いつの間にロック少年は「洋楽」を聴かなくなったのか?
かつてロック少年は、ガツンとくる洋楽ロックの洗礼を受けたもんだけど最近はすっかり見かけなくなってしまったようで。... 筆者:柴 那典 2012/12/04(火) コラムスピン
第55回:「聴き放題」だけでは音楽ストリーミングサービスが成功しない理由
3月に入って選択肢が増えた月額定額制音楽配信サービスですが、さて、どれにするか迷うところ。欧米のように、一般的に... 筆者:柴 那典 2013/03/05(火) コラムスピン
第40回:iTunes Store は日本で失敗しているんだよ
大型CDショップとレンタルのチェーン店舗。日本には海外にはない、日本独自の音楽を取り巻く環境があります。そんな中で... 筆者:山口哲一(音楽プロデューサー) 2012/10/09(火) コラムスピン
1.2万円のヘッドホン(FOSTEX T50RP)を改造して12万円台の音にする
海外のヘッドホンマニアの間では定番となりつつあるFOSTEX T50RP MOD(改造)を自腹切ってやってみました。良い子は真似... 筆者:編集部K 2014/04/08(火) DrillSpin Picks
第34回:店頭のCDを見せずに聴かせたら売上が4倍に伸びた!
CDショップで「アーティスト名を隠してブラインド販売したら売上が4倍に伸びた」というお話を聞き、早速店長さんにその... 筆者:田畑 猛 2012/08/28(火) コラムスピン

コラム一覧

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる