読むナビDJ :第88回:新装刊記念!「Light Mellow 和モノ」10選 パート1

更新

バックナンバー一覧

第88回:新装刊記念!「Light Mellow 和モノ」10選 パート1

絶版となり今や中古で1万円以上するムック本『Light Mellow和モノ669』が新たに163枚分追加、“Special"エディションとしてめでたくリリース。執筆者の1人、栗本斉さんに10曲ピックアップしていただきました!

この記事の筆者

音楽&旅ライター。レコード会社勤務の傍らDJ、執筆、「喫茶ロック」企画などで活動。退社後、2年間に渡って中南米を放浪し祭りと音楽を堪能。帰国後は「ラティーナ」誌でのアルゼンチン音楽連載をはじめ、ラテン、ワールドミュージック、和モノから、旅行記や世界遺産にいたるまで幅広いジャンルで、雑誌、ウェブ、ライナーノーツの執筆、ラジオや機内放送の選曲構成、トークイベント、ライヴハウスのブッキング企画など多岐に渡って活動中。All About「アルゼンチン」ガイド。著書に『ブエノスアイレス 雑貨と文化の旅手帖』『喫茶ロック』最新の著書は『アルゼンチン音楽手帖』(DU BOOKS)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2004年に出版され、しばらく中古市場でプレミア価格となっていた伝説のディスク・ガイド本『Light Mellow 和モノ669』。日本のシティ・ポップス、AOR、メロウ・グルーヴ、ボッサなどをキーワードに、アルバム単体ではなく楽曲評価主義のガイド本という画期的な体裁で、その後の和モノDJにたちにも大きな影響を与えました。

して、今回約10年ぶりに『Light Mellow 和モノ Special -more 160 items-』として復活します。本企画の大将である音楽ライターの金澤寿和氏を筆頭に、当時執筆に関わったLight Mellow Attendersも再集結(筆者も参加させていただいております)。160枚以上ものアイテムを追加しての増補改訂版となりました。この10年で70~80年代の隠れた名盤の再発も大いに進み、加えてこういったテイストを持つ新しいアーティストも続々と登場しています。そういう意味でも、タイムリーといえるでしょう。

本書で取り上げている「シティ・ポップス」とは、文字通りシティ感覚を持ったポップスのこと。アーバンかつリゾートなイメージの洗練されたサウンドが特徴で、日本的な歌謡曲やフォークとは一線を画したものでした。とくに、70~80年代当時の洋楽におけるAORやクロスオーヴァーのように、スタジオ・ミュージシャンたちの役割も非常に重要。彼らの活躍ぶりが歌い手たちの魅力を目一杯引き出し、“Light Mellow”な名曲を生み出したといえます。

今回は、そんな“Light Mellow”な感覚の楽曲をピックアップ。70年代から90年代までを前編、ゼロ年代以降を後編ということで、2回に分けてお届けします。まずは、もはやクラシックともいえる“Light Mellow 和モノ”の定番10曲からどうぞ!

山下達郎

「あまく危険な香り」

“Light Mellow 和モノ”を語るには、けっして避けられないのが山下達郎です。1975年にシュガー・ベイブのメンバーとしてデビューして以来、現在に至るまで第一線で活躍…なんていう説明も不要ですよね。奥方の竹内まりやからジャニーズへの提供曲まで山ほど名曲がありますが、その最高峰といっていいのがこの曲ではないでしょうか。カーティス・メイフィールドにも似たシンコペイトするリズムと、極上のメロディが織りなすメロウ・グルーヴ・ナンバーは、1982年にドラマ主題歌に使用され大ヒットしました。



FOR YOU amazon.co.jpで買う

大貫妙子

「都会」

シュガー・ベイブが偉大なのは、山下達郎だけでなく大貫妙子というシンガーソングライターを輩出したことでしょう。80年代以降は坂本龍一と組んでヨーロピアンな雰囲気の作品でブレイクしましたが、70年代はいわゆる過渡期。シュガー・ベイブの延長だった1976年のソロ・デビュー作『Grey Skies』に続き、翌年の『SUNSHOWER』は当時のクロスオーヴァーに影響されたサウンドを構築。スタッフクリス・パーカーを招いたニュー・ソウル風味のこの曲は、ジャパニーズ・レアグルーヴの名曲としてDJにも大人気。



SUNSHOWER amazon.co.jpで買う

佐藤博

「ONLY A LOVE AFFAIR」

シティ・ポップス界の名ピアノ・プレイヤーといえば、佐藤博の名を挙げる人が多いと思います。2012年に急逝しましたが、大滝詠一山下達郎が信頼し、青山テルマのサウンド・プロデュースまでもこなした才人の足跡は、いまなお燦然と輝いています。詳しくは第46回の過去記事をご覧ください。ソロ・アルバムも力作が多く、最も人気のある一枚が1982年の『awakening』。リン・ドラムを駆使した打ち込みサウンドなのにとても人間味があり、角松敏生から流線形にまで大いに影響を与えた一作です。



アウェイクニング amazon.co.jpで買う

角松敏生

「Beach's Widow」

70年代の“Light Mellow 和モノ”のアイコンが山下達郎だとしたら、80年代を代表するのはなんといっても角松敏生でしょう。初期作品はリゾートやアーバンといったキーワードで語られがちですが、職人的な緻密なサウンドメイクは70年代の先輩たちを凌駕する仕事ぶりでした。国内外のトップ・ミュージシャンを配したプロダクションはもちろんですが、自身のギターの腕前も見事。この曲は3作目『ON THE CITY SHORE』(1983年)からの一曲で、佐藤準高水健司らがサポートしたせつないメロウ・チューンです。



ON THE CITY SHORE amazon.co.jpで買う

須藤薫

「フロントガラス越しに」

こういったシティ・ポップスのアーティストたちが学生の人気を得ていくと同時に、キャンパス・ライフを描いた楽曲もたくさん生まれていきます。ユーミン竹内まりやを筆頭に、EPO杏里、といった女性アーティストの台頭も目立ちました。須藤薫もそんなひとりに加えていいでしょう。ユーミン大瀧詠一などから楽曲提供されたり、杉真理とのコラボなどで、アメリカン・ポップス風の楽曲多数残しました。4作目のアルバム『Planetarium』収録のこの曲も杉真理が作曲、松任谷正隆がアレンジしたメロウな隠れ名曲。



プラネタリウム amazon.co.jpで買う

伊勢正三

「スモークドガラス越しの景色」

シティ・ポップスは、フォーク系のミュージシャンにも大きく影響を与えました。代表的なところでいうとイルカのヒット曲「Follow Me」(編曲は小田和正)や、矢沢透(アリス)のソロ・アルバムなどでしょうか。なかでも、元かぐや姫伊勢正三は、アーバンでメロウなシティ・ポップスを次々と発表。ソロ3作目『スモークドガラス越しの景色』(1981年)は、少しウェットな歌詞の世界観や、まったりとしたヴォーカル・スタイル、そして森一美(元・山本コウタローとウィークエンド)のアレンジに、独特のメロウネスを感じてとろけそうになります。



スモークドガラス越しの景色 amazon.co.jpで買う

松田聖子

「小麦色のマーメイド」

“Light Mellow”な感覚は、ニューミュージックやフォークだけでなく、当然のように歌謡曲にも伝播していきます。寺尾聰の名盤『REFLECTIONS』(1981年)は突出した作品だし、リー・リトナーラリー・カールトンと共演した野口五郎を侮れません。でもアイドル歌謡の最高峰といえば、なんといっても松田聖子でしょう。数ある名曲の中でも、このサマー・フローターが最高傑作。松本隆呉田軽穂(松任谷由実)、松任谷正隆という鉄壁トリオによるプロダクションで、ひとくちの林檎酒のような甘酸っぱい世界に浸れます。



SEIKO STORY ~80’s HITS COLLECTION~ amazon.co.jpで買う

サンドラ・ホーン

「ラヴ・スコール」

こういった“Light Mellow 和モノ”のサウンドの屋台骨となっているのが、ジャズ・フュージョン系のミュージシャンやアレンジャー。彼らが洋楽のエッセンスを研究し、日本のマーケットに取り入れた功績は非常に大きいといえます。大野雄二はその第一人者。ピアニストとしての自身のリーダー作はもちろん、佐藤奈々子しばたはつみソニア・ローザなどに多くの傑作が存在します。でもなんといっても、彼の代表作は『ルパン三世』シリーズのサントラ。このメロウ・チューンはサンディー(元サンディー&ザ・サンセッツ)の変名によるものです。



ルパン三世 オリジナル・サウンドトラック2 amazon.co.jpで買う

ORIGINAL LOVE

「流星都市」

90年代に入ると、いわゆる渋谷系ムーヴメントが到来。それまではさりげなく洋楽を取り入れていたのに、このあたりからは意識的に“引用”を行い、編集的な音楽作りが最先端となりました。ピチカート・ファイヴフリッパーズ・ギターなどが代表選手ですが、少し距離を置いて肉体的なバンド・サウンドにこだわったのがオリジナル・ラヴです。田島貴男のパワフルな歌声と、ソウル、アシッド・ジャズ、ブラジル音楽などを取り入れた音楽性が斬新でした。ひそかに、こんなシティ感覚に溢れたメロウ・ナンバーもこなしています。



RAINBOW RACE amazon.co.jpで買う

キリンジ

「エイリアンズ」

渋谷系が終焉する90年代末に登場した兄弟ユニットのキリンジ。ポップなメロディと裏腹に、スティーリー・ダンをはじめとしたAORやニュー・ソウルからの影響によるマニアックなサウンドで音楽ファンを魅了し続けてきました。そんな彼らの代表曲が、初期名盤『3』(2000年)収録の「エイリアンズ」。アコギのイントロから、ゆったりとしたグルーヴによって展開されるサウンドの参謀は冨田恵一(冨田ラボ)。キリンジはこの曲によって“21世紀型シティ・ポップス”を確立し、ゼロ年代における再評価への礎を作り上げました。



3 amazon.co.jpで買う

というわけで、ここ数年の最新型“Light Mellow 和モノ”に関しては次回に続きます。お楽しみに!

■この筆者「栗本 斉」の関連リンク

HP:http://www.tabi-rhythm.com/
twitter:@tabirhythm
facebook:https://www.facebook.com/tabirhythm
blog:http://blog.livedoor.jp/tabi_rhythm/

■この筆者「栗本 斉」のコラム

読むナビDJ 第85回:オリンピックと音楽の深い関係
読むナビDJ 第79回:知っていると自慢できるアントニオ・カルロス・ジョビンの10曲
読むナビDJ 第77回:誰もが知ってるアントニオ・カルロス・ジョビンの超名曲10選
読むナビDJ 第70回:グスタボ・サンタオラージャの映画音楽作品集10選
読むナビDJ 第64回:エレクトロ・ディスコ界のレジェンド、ジョルジオ・モロダー・ワークス10選
読むナビDJ 第61回:アルゼンチン・タンゴ meets ロック&エレクトロニカ
読むナビDJ 第58回:キューバ音楽の新潮流
読むナビDJ 第43回:アルゼンチン発コンテンポラリー・フォルクローレの世界
読むナビDJ 第42回:静かなる音楽~クワイエット・ミュージックを知る名作10選

■関連書籍

◆Light Mellow和モノSpecial ~more 160 items~

著者:金澤寿和 + Light Mellow Attendants
監修:金澤寿和
出版社:ラトルズ
発売日:2013年10月25日
amazon.co.jpで買う

2004年に刊行されたムック『Light Mellow和モノ669』は、シティ・ポップス・ファンはもちろん、各方面から幅広く注目され、とりわけ和モノDJ諸氏からは“ひとつの重要な座標軸になった"と、高評価を得ていました。
しかし、絶版のため、入手困難状態が長年続いており、中古市場では常に高価格で取引されている定番の人気アイテムです。
今回、監修・著者・編集者はそのままにデザインを一新し刊行する“Special"エディションでは、掲載アイテムの入れ替えナシに、初版の04年以降にリリースされた新作を中心に、新たなる発掘ネタや、近年再評価が進むブギー物など160枚超の新ネタを追加し、結果的に掲載枚数は832枚にもなっています。
ここ1年ほどで、降って湧いたように俄然熱を帯びてきたシティ・ポップス系市場ですが、その手引きとなると同時に、これからのCDの再発状況とも連動しそうな当ガイド。
ここに掲載された“都市生活者のサウンドトラック"の数々が、オトナ世代にとっては忘れかけた遊びゴコロを取り戻すキッカケに、若い層には夢見ることの大切さを知るステップになること、間違いなしです。

■こちらの記事も併せてどうぞ!

読むナビDJ 第90回:新装刊記念!「Light Mellow 和モノ」10選 パート2
前回に続きパート2では「00年以降」のセレクション10選。一周、二周してもう一度、”メロウ”再評価後のトラックたち。知らない名前でもとにかく再生。欲しくなるCDがまた増えますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

第47回:いつの間にロック少年は「洋楽」を聴かなくなったのか?
かつてロック少年は、ガツンとくる洋楽ロックの洗礼を受けたもんだけど最近はすっかり見かけなくなってしまったようで。... 筆者:柴 那典 2012/12/04(火) コラムスピン
第55回:「聴き放題」だけでは音楽ストリーミングサービスが成功しない理由
3月に入って選択肢が増えた月額定額制音楽配信サービスですが、さて、どれにするか迷うところ。欧米のように、一般的に... 筆者:柴 那典 2013/03/05(火) コラムスピン
第40回:iTunes Store は日本で失敗しているんだよ
大型CDショップとレンタルのチェーン店舗。日本には海外にはない、日本独自の音楽を取り巻く環境があります。そんな中で... 筆者:山口哲一(音楽プロデューサー) 2012/10/09(火) コラムスピン
第35回:イーグルスだけじゃない、70年代ウエストコースト・ロック・バンド名作10選
多くの人からリクエストがあり、60年末から70年代に活躍したウエストコースト・ロック・バンド10選を特集。初級者にもマ... 筆者:小川真一 2012/06/22(金) 読むナビDJ
1.2万円のヘッドホン(FOSTEX T50RP)を改造して12万円台の音にする
海外のヘッドホンマニアの間では定番となりつつあるFOSTEX T50RP MOD(改造)を自腹切ってやってみました。良い子は真似... 筆者:編集部K 2014/04/08(火) DrillSpin Picks

コラム一覧

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる