読むナビDJ :第94回:フツーはもう飽きた?変わり種クリスマス・ソング10選

更新

バックナンバー一覧

第94回:フツーはもう飽きた?変わり種クリスマス・ソング10選

ちまたでは定番クリスマスソングが流れていますが、今回はひねくれ者用のレアな10曲を用意いたしました!

この記事の筆者

音楽&旅ライター。レコード会社勤務の傍らDJ、執筆、「喫茶ロック」企画などで活動。退社後、2年間に渡って中南米を放浪し祭りと音楽を堪能。帰国後は「ラティーナ」誌でのアルゼンチン音楽連載をはじめ、ラテン、ワールドミュージック、和モノから、旅行記や世界遺産にいたるまで幅広いジャンルで、雑誌、ウェブ、ライナーノーツの執筆、ラジオや機内放送の選曲構成、トークイベント、ライヴハウスのブッキング企画など多岐に渡って活動中。All About「アルゼンチン」ガイド。著書に『ブエノスアイレス 雑貨と文化の旅手帖』『喫茶ロック』最新の著書は『アルゼンチン音楽手帖』(DU BOOKS)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月に入ると、街はすっかりクリスマス・ムード。BGMもおなじみの名曲を何度も耳にすることでしょう。でも、あまりにも同じ曲だとさすがにちょっと飽きてきませんか?

というわけで、今回はちょっぴり変わり種のクリスマス・ソングを古今東西から集めてみました。いわゆる“イロモノ”的なものも多いですが、それだけクリスマス・ソングというのはいじり甲斐があるということではないでしょうか。意外なジャンルやちょっとヘンな音色など、様々な角度からクリスマス・ソングをお楽しみ頂ければと思います。この10曲があれば、ひとりきりのクリスマスも楽しく過ごせるし、わいわい騒ぐパーティーのBGMにも使えます。いろんなシチュエーションで、一風変わったクリスマス・ソングを聴いて聖夜をお楽しみください。

それでは、メリー・クリスマス!!


スタン・フリバーグ

「Green Christmas」

一曲目は、コミカルなレコードを多数残しているコメディアンのスタン・フレバーグ。1958年のこの曲は、広告会社が展開するクリスマス商戦への強烈な皮肉と批判が込められた作品で、ドラマと歌が絶妙にミックスされています。ラストにレジスターの音と「ジングル・ベル」がミックスされるところなどは、音楽的にも非常に面白いアイデア。ちなみにアレンジは、映画音楽作家としても知られるビリー・メイが手がけています。




Capitol Singles Collection amazon.co.jpで買う

チップマンクス

「Jingle Bells」

虫声でおなじみチップマンクスは、いまやフィルター・ヴォイスやボカロの先駆けとして再評価されているとかいないとか。いずれにせよ、こういった企画モノはノベルティ・ソングにぴったりといえるでしょう。50年代末からアニメ放送が開始されたチップマンクスは、早廻しの声を生かして数多くのレコードが作られました。この曲は81年に作られたアルバム『Chipmanks Christmas』に収められています。




Chipmunks Christmas amazon.co.jpで買う

アリス・クーパー

「Santa Claus Is Coming To Town」

アリス・クーパーはグラムロックの異端児であり、ビジュアル系の元祖といわれるロック・レジェンド。どちらかといえばクリスマスよりもハロウィン向きの人物ですが、こんな曲も歌っていました。ビリー・シーンヴィニー・アピスがサポートしているところも聴きどころ。悪趣味全開のヘヴィ・メタル・ヴァージョンが、逆に彼らしくて面白い。ちなみに、ツイスティッド・シスタードッケンKORNなど、HR/HM系のクリスマス・ソングは意外に多いです。




We Wish You a Metal Xmas amazon.co.jpで買う

ビブラボイド

「Christmas On Earth」

2001年にデビューし、ドイツのデュッセルドルフを拠点に活動するビブラボイドピンク・フロイドに影響を受けたサイケデリックなロック・バンドで、カンアモン・デュールなどのいわゆるクラウト・ロックのカヴァーも披露しています。そんな彼らによるクリスマス・ソングも、やっぱりアシッド臭がプンプン。ノイジーなハードコア・チューンに仕立てて、クリスマスらしさを微塵も感じさせないところがまたいいですね。




Burg Herzberg Festival amazon.co.jpで買う

HE 5

「Silent Night」

サイケといえば、こんなガレージ・サイケはいかがでしょうか。韓国で60年代に活躍した幻のバンドHE 5が、クリスマス・ソングを演奏したEP盤より。ギター・インストというとベンチャーズのようなテケテケ・サウンドを想像してしまうかもしれませんが、彼らはファズを効かせたノイジーな音色で勝負しています。日本のGSにも通じる感覚があり、欧米のサイケ・マニアにも人気の一枚です。


RUN-DMC

「Christmas In Hollis」

ヒップ・ホップとクリスマスというのもあまりイメージが結び付かないかもしれませんが、意外にもRUN-DMCがこんな曲を残していました。1987年に発表されたチャリティ・アルバム『クリスマス・エイド / A Very Special Christmas』収録曲で、シングル・カットもされてヒットし、ビデオ・クリップも作られています。相当インパクトがあったようで、翌年の『ダイ・ハード』をはじめ映画やテレビに使われる頻度も高い名曲です。




Very Special Christmas amazon.co.jpで買う

クリシュナ

「Jingle Bells Gurushetram」

映画大国インドのボリウッド・ムービー『Hide & Seek』挿入歌。映画のストーリーはどうやらクラスマス・イヴを舞台にしたサスペンスらしいのですが、そんなことは関係なくてもこの曲のインパクトは強烈。クリシュナという歌手が「ジングル・ベル」をエスニックなバングラ・ビートに乗せて高らかに歌い上げています。蛇遣いの笛の様な音色も鋭く、そこまでこの曲をアゲアゲにしなくても、と思いつつもつい聴いてしまうヴァージョンです。


大瀧詠一

「クリスマス音頭」

日本を代表するノベルティ・ソングの王様といえば、大瀧詠一の名前を真っ先に挙げたくなります。彼が1978年に発表した『ナイアガラ・カレンダー』は、その真骨頂ともいえるアルバム。木魚や三味線が入ったクリスマス・ソングは珍しいですが、ストリングス・アレンジを山下達郎が手がけているのも話題。布谷文夫「ナイアガラ音頭」や金沢明子「イエロー・サブマリン音頭」などと並ぶ、大瀧による音頭モノの名作です。




ナイアガラ・カレンダー amazon.co.jpで買う

清水ミチコ

「メリークリスマス ミスター 一休さん」

モノマネでおなじみ清水ミチコが、1992年に発表した5枚目のアルバム『飴と鞭』より。坂本龍一の「戦場のメリー・クリスマス」と、テレビアニメ『一休さん』のエンディング・テーマ「母上様」をつなぎ合わせただけというなんとも安直な作品ですが、それがかえってシンプルな可笑しさを醸しだしています。アレンジを手がけたのは、坂本龍一スタジオ・ジブリとの共作で知られる作曲家・シンセサイザー奏者の野見祐二




飴と鞭 amazon.co.jpで買う

ジングルキャッツ

「クリスマス・イヴ」

最後は思いっきり脱力系でお楽しみください。山下達郎の大名曲を、サンプリングしたネコの声で歌わせるというお遊び企画。ところどころにゲスト(?)の犬の声が入っているのもご愛敬。和みという感覚を通りすぎて、まったく違う音楽に聞こえます。本作はシングルですが、クリスマス・ソングをたくさん集めたアルバムも制作されているので、ネコ好きの方はぜひチェックしてみてください。




クリスマス・イヴ amazon.co.jpで買う

■この筆者「栗本 斉」の関連リンク

HP:http://www.tabi-rhythm.com/
twitter:@tabirhythm
facebook:https://www.facebook.com/tabirhythm
blog:http://blog.livedoor.jp/tabi_rhythm/

■この筆者「栗本 斉」のコラム

読むナビDJ 第91回:アルゼンチン音響派・再入門10選
読むナビDJ 第90回:新装刊記念!「Light Mellow 和モノ」10選 パート2
読むナビDJ 第88回:新装刊記念!「Light Mellow 和モノ」10選 パート1
読むナビDJ 第85回:オリンピックと音楽の深い関係
読むナビDJ 第79回:知っていると自慢できるアントニオ・カルロス・ジョビンの10曲
読むナビDJ 第77回:誰もが知ってるアントニオ・カルロス・ジョビンの超名曲10選
読むナビDJ 第70回:グスタボ・サンタオラージャの映画音楽作品集10選
読むナビDJ 第64回:エレクトロ・ディスコ界のレジェンド、ジョルジオ・モロダー・ワークス10選
読むナビDJ 第61回:アルゼンチン・タンゴ meets ロック&エレクトロニカ
読むナビDJ 第58回:キューバ音楽の新潮流
読むナビDJ 第43回:アルゼンチン発コンテンポラリー・フォルクローレの世界
読むナビDJ 第42回:静かなる音楽~クワイエット・ミュージックを知る名作10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

第41回:70年代ファンクここから聴け!ベスト10選
どれも代表曲ばかりですが、やっぱり全部いいね!生演奏モノホンのファンクにズボズボと浸ってください!! 筆者:印南敦史(いんなみ あつし) 2012/09/07(金) 読むナビDJ
1.2万円のヘッドホン(FOSTEX T50RP)を改造して12万円台の音にする
海外のヘッドホンマニアの間では定番となりつつあるFOSTEX T50RP MOD(改造)を自腹切ってやってみました。良い子は真似... 筆者:編集部K 2014/04/08(火) DrillSpin Picks
第35回:イーグルスだけじゃない、70年代ウエストコースト・ロック・バンド名作10選
多くの人からリクエストがあり、60年末から70年代に活躍したウエストコースト・ロック・バンド10選を特集。初級者にもマ... 筆者:小川真一 2012/06/22(金) 読むナビDJ
第113回:ハワイアン・スラックキー・ギターの名手10選
以前からやりたかったハワイアン、特に変則チューニングのスラックキー・ギタリストによる名曲・名演のセレクションを新... 筆者:栗本斉 2014/06/12(木) 読むナビDJ
第49回:日本語と英語でゆる~くブレイクするか?UK発3人組「ケロケロボニト」
ここ最近、すっかりヘヴィローテーションで「ケロケロ」漬けの毎日です。かわいくて日本語と英語の混ざり具合が最高でハ... 筆者:小林“こばーん”朋寛 2014/09/03(水) Who's Next

コラム一覧

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる