読むナビDJ :第100回:続・2010年代に聴くべき、新しいピアノ・ミュージック

更新

バックナンバー一覧

第100回:続・2010年代に聴くべき、新しいピアノ・ミュージック

非常に地味なタイプの音楽でありながらも前回大反響のあった「2010年代に聴くべき、新しいピアノ・ミュージック」。最後に触れたアーティストへのリクエストを数多く寄せられましたので、ご期待にお応えしてパート2をお送りします。

この記事の筆者

音楽&旅ライター。レコード会社勤務の傍らDJ、執筆、「喫茶ロック」企画などで活動。退社後、2年間に渡って中南米を放浪し祭りと音楽を堪能。帰国後は「ラティーナ」誌でのアルゼンチン音楽連載をはじめ、ラテン、ワールドミュージック、和モノから、旅行記や世界遺産にいたるまで幅広いジャンルで、雑誌、ウェブ、ライナーノーツの執筆、ラジオや機内放送の選曲構成、トークイベント、ライヴハウスのブッキング企画など多岐に渡って活動中。All About「アルゼンチン」ガイド。著書に『ブエノスアイレス 雑貨と文化の旅手帖』『喫茶ロック』最新の著書は『アルゼンチン音楽手帖』(DU BOOKS)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週公開した記事「2010年代に聴くべき、新しいピアノ・ミュージック」が、おかげさまで大反響となりました。これは、ポスト・クラシカルやアンビエント、コンテンポラリー・ジャズに現代音楽など様々なジャンルから登場した新感覚のピアニストが、それだけ注目されている証拠だといえます。しかし、10人のピアニストだけではさすがに不十分ということもあり、今回はさらに拡大して15人のピアニストをセレクトしてみました。

エリアもヨーロッパ、北米、日本から拡大し、今回は中南米のアーティストもセレクト。実際、アルゼンチンやブラジルには静謐なピアノ演奏を好むプレイヤーが多数いるので、ここでは紹介仕切れないほどの充実ぶり。また、ジャンルの垣根を越えたプレイヤーを選出していますが、ジャズやクラシックの分野に特化しても個性的なピアニストがまだまだ存在します。そのあたりは、機会があればあらためてご紹介しましょう。

というわけで、今後の音楽シーンを牽引するであろう15人のピアニスト。「2010年代に聴くべき、新しいピアノ・ミュージック」第二弾をお楽しみください

Max Richter

「Bach Mirror」

ドイツ出身で現在ロンドンを拠点に活動するマックス・リヒターは、ポスト・クラシカルというカテゴリで以前から評価を得てきたピアニストのひとり。オリジナル・アルバムや映画音楽などの他に、ヴィヴァルディの「四季」を再構築するプロジェクトも話題になりました。この映像は、東日本大震災直後のチャリティー・アルバムとして制作された『For Nihon』(2011年)に収められた一曲。水の流れの上で点描のように弾くピアノの音色が印象的です。




For Nihon amazon.co.jpで買う

Henning Schmiedt

「Meine Hand Und Deine Hand」

旧東ドイツ出身のヘニング・シュミートもユニークなピアニスト。アルバムごとにコンセプトがしっかり決まっており、“雲”や“散歩”をテーマにした作品群は日本でも高い評価を得ました。情景を感じさせるピアノ・ソロがメインですが、楽曲によってはエレクトロニクス処理を行うなど実験的な一面もあります。来日時に見た東北地方の雪景色にインスパイアされたというアルバム『Schnee』(2013年)を引っ提げ、1月にジャパン・ツアーを行いました。




Schnee amazon.co.jpで買う

Bugge Wesseltoft

「In Dulce Jubilo」

ノルウェーのブッゲ・ヴェッセルトフトは、どちらかといえばジャズの文脈で評価されているピアニストです。とはいってもストレート・アヘッドなジャズではなく、クラブ・ミュージックと融合した作品などは、一時期“フューチャー・ジャズ”といわれて話題になりました。バンドやエレクトリックな作品も多いですが、近作のピアノ・ソロ作品『It's Snowing On My Piano』(2012年)は、北欧ならではのクールなロマンティシズムを感じます。




It's Snowing on My Piano amazon.co.jpで買う

Ólafur Arnalds

「Words Of Amber」

ニルス・フラームとの共演でも知られるアイスランドのオーラヴル・アルナルズ。もともとハードコア・バンドのメンバーだったりシガー・ロスのツアーに同行したりと、どこかエキセントリックではあるだけに、プログラミングやヴォーカルを取り入れるなど常に前進している印象があります。来月には来日公演が決まり、アナログのみで発表されていた楽曲を集めたアルバム『Two Songs For Dance + Stare + Thrown EP』もリリース予定。




For Now I Am Winter amazon.co.jpで買う

August Rosenbaum

「Dory」

北欧からもうひとり紹介しておきましょう。デンマーク出身のジャズ・ピアニストであるアウグスト・ロウゼンバウム。この映像はコペンハーゲンの教会で行ったライヴですが、ハーモニウムから始まりフェンダー・ローズでしっとりと奏でていきます。しかも演奏するのは、ブルックリンのインディー・シーンで活躍するバンド、グリズリー・ベアのカヴァーというのも興味深いところ。まさに新世代ならではの感性を持つピアニストといってもいいでしょう。

André Mehmari

「Nascente」

南米ブラジルのピアニストといえば、エグベルト・ジスモンチエルメート・パスコアルなどがカリスマ的存在ですが、彼らの跡を継ぐ存在といえば、なんといってもアンドレ・メマーリでしょう。昨年のイベント「THE PIANO ERA 2013」にも出演し、ダイナミックかつ技巧的な演奏で多くの観客の度肝を抜きました。この曲はMPBの名曲をセレクトしたアルバム『Afetuoso』(2011年)に収録されたフラヴィオ・ヴェントゥリーニのカヴァーです。




Afetuoso amazon.co.jpで買う

Marco Sanguinetti

「San Telmo」

本当はアルゼンチンのアレハンドロ・フラノフウリセス・コンティを紹介しようと思ったのですが、「アルゼンチン音響派・再入門10選」というエントリで紹介済ですので、ここではまた違う2人を取り上げます。ひとりはマルコ・サンギネッティというジャズ・ピアニスト。といってもインプロヴィゼーションというよりは楽曲の構築性を重視する演奏家で、この曲でもインドで録った街の音に乗せてひたすら反復するピアノのリフに酩酊感を覚えます。




Ocho amazon.co.jpで買う

Claudio Cardone

「Tu Amor En Todas Partes」

もうひとりアルゼンチンからは、クラウディオ・カルドネをピックアップ。彼は、アルゼンチン・ロック最大のスターであるルイス・アルベルト・スピネッタの晩年の音楽監督としても知られ、浮遊感を生み出すアンビエント・サウンドを得意としています。満を持して発表したソロ・アルバム『No-Tiempo』(2013年)は、なんと2枚組みの超大作。音響派の鬼才モノ・フォンタナにも通じる実験性と叙情性を持ち合わせた希有なプレイヤーです。

Omar Sosa

「Calling Eggun」

キューバ出身のオマール・ソーサもかなり興味深いピアニストです。ラテン・ジャズのグループでプレイしていたこともあり、アフロ・キューバンの伝統に根ざしたアグレッシヴな演奏をする一方で、キース・ジャレットあたりにも通じるソロ・インプロヴィゼーションを得意としています。この曲はバンド編成で録音したアルバム『Eggun』(2013年)収録曲のピアノ・ソロ・ヴァージョン。先日発表されたばかりの最新作『Senses』もピアノ・ソロの力作でした。




エグン amazon.co.jpで買う

Goldmund

「Shenandoah」

ゴールドムンドは、米国ペンシルバニア出身のキース・ケニフによるピアノ・プロジェクト。ギターをメインとしたヘリオス名義でのアンビエントも素晴らしいですが、近年はピアニストとしての注目度も非常に高くなっています。近作の『All Will Prosper』(2011年)は、なんと南北戦争の頃の流行歌をカヴァーするという企画作。この有名な「Shenandoah」も、原曲をすっかり忘れてしまいそうなほど独自の美学で彩られています。




All Will Prosper amazon.co.jpで買う

Peter Broderick

「I Am Piano」

米国ポートランド出身のピーター・ブロデリックは、ニルス・フラームオーラヴル・アルナルズらと関係が深いマルチ・ミュージシャン。彼のことをピアノだけで評価するのは無謀かもしれません。とりわけ、ヴォーカリストとしても独特の味わいを持っており、フリー・フォークの側面から評価されることもあります。2012年発表のアルバム『itstartshear.com』は、タイトルのアドレスにアクセスすると試聴など出来るというユニークな企画作。




itstartshear.com amazon.co.jpで買う

中島ノブユキ

「プレリュード 嬰へ短調」

日本におけるピアノ・ミュージックの火付け役は、もしかしたら中島ノブユキなのかもしれません。2006年にアルバム『エテパルマ』でデビューして以来、ジャンルを自由に縦断しながらも、一貫して静謐なピアノを聴かせてくれます。『メランコリア』(2010年)収録のこの曲は、バンドネオンの北村聡と共演した室内楽風の佳曲。フルサイズの動画がなかったのでリンクしませんでしたが、完全ピアノ・ソロに徹したストイックな最新作『clair-obscur』も必聴。




メランコリア amazon.co.jpで買う

Akira Kosemura

「fleur」

小瀬村晶もこういったノンジャンルのピアノを日本に定着させたアーティストのひとり。レーベルscholeを主宰し、自身の作品だけでなく、haruka nakamuraクエンティン・サージャックといった国内外のピアニストを紹介する役割も担っています。ピアノ・ソロをメインにしたアルバム『how my heart sings』(2011年)は、春から秋へと季節の移ろいを楽曲に反映したというだけあって、どこか和の印象をもつリリカルな作品集。




how my heart sings amazon.co.jpで買う

Throwing a Spoon

「clouds」

トウヤマタケオピーター・ブロデリック同様に、ピアニストとしてだけでなく、シンガー・ソングライターとしての側面も持つユニークなミュージシャン。ソロやトウヤマタケオ楽団名義、そして幻灯とコラボレートするユニットのランテルナムジカといった多彩な活動を行っています。このThrowing a Spoonは、チェロ奏者の徳澤青弦と組んだデュオ。山梨の山中で窓を開け放して録音したらしく、鳥の声なども聞こえてきてとても癒されます。




awakening amazon.co.jpで買う

平井真美子

「回転木馬」

若手のホープとして、平井真美子を最後にセレクトしておきましょう。彼女も昨年の「THE PIANO ERA 2013」に出演したひとり。映画やCMの音楽も多数手がけているので、無意識にその演奏を耳にしているかもしれません。昨年発表した2作目のオリジナル・アルバム『夢の途中』は、いつかどこかで聴いたことがあるようなノスタルジックな印象のメロディの数々が、甘ったるくならず淡々と演奏されていく心地良い傑作でした。




夢の途中 amazon.co.jpで買う

■こちらの記事も併せてどうぞ!

読むナビDJ 第99回:
2010年代に聴くべき、新しいピアノ・ミュージック

Drillspin column

カテゴライズが難しいけど、とてつもなく美しいピアノ作品10選。夜、ひとりでこっそり聴きたくなる新たな音楽との出会いがきっとあります。

読むナビDJ 第91回:
アルゼンチン音響派・再入門10選

Drillspin column

これはしばらくハマリそうです!アンビエント・テクノ、ポストロック好きにも響く未知なる音響世界。プレイリストを組んで、夜、延々と聴き続けたいです。

読むナビDJ 第42回:
静かなる音楽~クワイエット・ミュージックを知る名作10選

Drillspin column

ワールドミュージック、ジャズ、クラシックの壁を取っ払って、夜ひとり静かに聴く未知なる10曲のセレクション。

■この筆者「栗本 斉」の関連リンク

HP:http://www.tabi-rhythm.com/
twitter:@tabirhythm
facebook:https://www.facebook.com/tabirhythm
blog:http://blog.livedoor.jp/tabi_rhythm/

■この筆者「栗本 斉」のコラム

読むナビDJ 第99回:2010年代に聴くべき、新しいピアノ・ミュージック
読むナビDJ 第98回:ダフト・パンクだけじゃない!フレンチ・エレクトロ定番特集
読むナビDJ 第95回:クリスマス・ソングで世界一周!!ワールドミュージック編10選
読むナビDJ 第94回:フツーはもう飽きた?変わり種クリスマス・ソング10選
読むナビDJ 第91回:アルゼンチン音響派・再入門10選
読むナビDJ 第90回:新装刊記念!「Light Mellow 和モノ」10選 パート2
読むナビDJ 第88回:新装刊記念!「Light Mellow 和モノ」10選 パート1
読むナビDJ 第85回:オリンピックと音楽の深い関係
読むナビDJ 第79回:知っていると自慢できるアントニオ・カルロス・ジョビンの10曲
読むナビDJ 第77回:誰もが知ってるアントニオ・カルロス・ジョビンの超名曲10選
読むナビDJ 第70回:グスタボ・サンタオラージャの映画音楽作品集10選
読むナビDJ 第64回:エレクトロ・ディスコ界のレジェンド、ジョルジオ・モロダー・ワークス10選
読むナビDJ 第61回:アルゼンチン・タンゴ meets ロック&エレクトロニカ
読むナビDJ 第58回:キューバ音楽の新潮流
読むナビDJ 第43回:アルゼンチン発コンテンポラリー・フォルクローレの世界
読むナビDJ 第42回:静かなる音楽~クワイエット・ミュージックを知る名作10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

1.2万円のヘッドホン(FOSTEX T50RP)を改造して12万円台の音にする
海外のヘッドホンマニアの間では定番となりつつあるFOSTEX T50RP MOD(改造)を自腹切ってやってみました。良い子は真似... 筆者:編集部K 2014/04/08(火) DrillSpin Picks
第35回:イーグルスだけじゃない、70年代ウエストコースト・ロック・バンド名作10選
多くの人からリクエストがあり、60年末から70年代に活躍したウエストコースト・ロック・バンド10選を特集。初級者にもマ... 筆者:小川真一 2012/06/22(金) 読むナビDJ
第101回:「ロックと日本の60年」第2章 “アイドル”の原型、カバー・ポップス
連載シリーズ第2章は、洋楽曲を日本語で歌うカバーポップス、アイドルと全米No.1を獲得した坂本九「上を向いて歩こう」... 筆者:沢田太陽 2015/05/19(火) コラムスピン
第41回:70年代ファンクここから聴け!ベスト10選
どれも代表曲ばかりですが、やっぱり全部いいね!生演奏モノホンのファンクにズボズボと浸ってください!! 筆者:印南敦史(いんなみ あつし) 2012/09/07(金) 読むナビDJ
第114回:「ロックと日本の60年」第14章 2000年代、世界のシーンは動き、日本は閉じた
日本では90年代の影響がことのほか長く君臨し、00年代とのリンクはどこに?iPodが発売(2001年)、iTunes Music Store(03... 筆者:沢田太陽 2015/08/13(木) コラムスピン

コラム一覧

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる