Who's Next :第55回:フリクルで無料配信している“怪しい雰囲気で惹きつける”バンド3選

更新

バックナンバー一覧

第55回:フリクルで無料配信している“怪しい雰囲気で惹きつける”バンド3選

今回のFrekul配信アーティスト連載は、ギターレス4ピースバンド「Gilet」、鬱ロック3ピースバンド「strange world's end」、女性ドラマーのFlanが歌う3ピースバンドの「三角形の時間」の3組。

この記事の筆者

1987年生まれ、大阪府出身。2012年からライター活動を開始し、音楽・カルチャーイベントに関するインタビュー/ライティングを中心に、幅広いジャンルの文章を書けるライターを目指し活動中。音楽サービス「Frekul」にてバンドレビューの文章を執筆している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、年明け早々にも関わらず“暗くて怪しい”雰囲気で惹きつけるバンドをお送りします。「新年から暗い曲なんて聴きたくないなぁ」と思ったあなた。明るい曲だけが、気持ちを高めてくれるわけではありません。今回紹介する3バンドの楽曲に詰まった、力強い感情的なサウンドを感じてみてください。その怪しい音が、年始めのスタートを後押ししてくれるチカラになるかも。

Gilet

「哀の唄」

プロフィール
石川 杏(Vo)、小森谷 南(B)、田口恵美(Ds)、荒井 亮介(Key)で2013年に結成した、都内を中心に活動するギターレスバンド4人組。自らを『昼ドラ系』と呼んでいる。ヴォーカルの石川杏が描く、ドロドロとした“愛憎劇”のような詞の世界。そのことから『昼ドラ系』というコンセプトでバンド活動している「Gilet」(ジレ)。ジャズを基調としながらも、ジャンルにとらわれない幅広いサウンドに歌が溶け込んで、重く心に染みこんでくる。彼らが鳴らす怨念に満ちた音とメロディが、聞き手の奥底に眠った感情を執拗に握って離さない。

Gilet 楽曲フリーダウンロード
Gilet 公式サイト

strange world's end

「皆殺し」

プロフィール
2006年に結成。飯田カヅキ(Vo、G)、平マサト(B)、関根ヒロユキ(Ds)からなるスリーピースバンド。2013年には「TOKYO BOOT UP! 2013」に出演。彼らのキャッチコピーは「加速する感情、君とあなたの鬱ロック」。「破滅の庭」「窒息」「汚染」などの楽曲名、自主企画名は「整理された混沌」「発狂の渦」「絶望と声」など、まさに“鬱ロック”とは言い得て妙だ。底辺から這い上がってくるような荒々しくも強さのあるバンドサウンドと、ストレートに感情を書き殴ったような歌詞は、血の通った生命力を感じる。

strange world's end 楽曲フリーダウンロード
strange world's end 公式サイト

三角形の時間

「耳鳴り」

プロフィール
Flan(Vo、Ds)、サイトウ(B)、トガワ(G)の3ピースロックバンド。ドラムがヴォーカルという変則的な構成で、都内を中心に活動している。彼らのキャッチコピーは「静寂・爆音・人間のあらゆる感情を展示した、漆黒のミュージアムへようこそ」。静寂が漂う中に、突如鳴らされる爆音の波。静と動の応酬を音にしたバンドサウンド、ドラムを叩きながら歌うヴォーカルのFlanの激情と感傷のメロディには、ドクンと脈を打つ心臓のような力がある。耳の中に入ってくる“剥きだしになった感情の音”は、魂を震えさせる。

三角形の時間 楽曲フリーダウンロード
三角形の時間 公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

第41回:70年代ファンクここから聴け!ベスト10選
どれも代表曲ばかりですが、やっぱり全部いいね!生演奏モノホンのファンクにズボズボと浸ってください!! 筆者:印南敦史(いんなみ あつし) 2012/09/07(金) 読むナビDJ
1.2万円のヘッドホン(FOSTEX T50RP)を改造して12万円台の音にする
海外のヘッドホンマニアの間では定番となりつつあるFOSTEX T50RP MOD(改造)を自腹切ってやってみました。良い子は真似... 筆者:編集部K 2014/04/08(火) DrillSpin Picks
第161回:追悼・ニューオーリンズが生んだ偉大なる作曲家アラン・トゥーサンの名演15選
ニューオーリンズ・ミュージックの外交官的な役目を担い、ロックやソウルをプロデュースした作曲家の(ホントはもっと入... 筆者:小川真一 2015/11/12(木) 読むナビDJ
第35回:イーグルスだけじゃない、70年代ウエストコースト・ロック・バンド名作10選
多くの人からリクエストがあり、60年末から70年代に活躍したウエストコースト・ロック・バンド10選を特集。初級者にもマ... 筆者:小川真一 2012/06/22(金) 読むナビDJ
第47回:いつの間にロック少年は「洋楽」を聴かなくなったのか?
かつてロック少年は、ガツンとくる洋楽ロックの洗礼を受けたもんだけど最近はすっかり見かけなくなってしまったようで。... 筆者:柴 那典 2012/12/04(火) コラムスピン

コラム一覧

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる