コラムスピン :第105回:「ロックと日本の60年」第6章 クイーンを筆頭に、まばゆきロック・アイドルの時代へ

更新

バックナンバー一覧

第105回:「ロックと日本の60年」第6章 クイーンを筆頭に、まばゆきロック・アイドルの時代へ

70年代中盤、クイーン、KISS、そしてベイ・シティ・ローラーズの登場で洋楽ロックは中高生のハートをがっちりつかみ、その2、3年後にCHAR、原田真二、ツイスト、ゴダイゴが登場ということになります!

この記事の筆者

1970年生まれ。音楽ジャーナリスト。NHK-FMで「ライブビート」など制作後、1999年よりフリーの音楽ジャーナリスト。2004年、インディ・ロック雑誌「Hard To Explain」を立ち上げ現在も継続中。2010年、ブラジルのサンパウロに移住。ジャーナリスト活動は依然継続中でポルトガル語、英語の翻訳業も展開。海外エンタメの情報ブログ、THE MAINSTREAMは毎日更新中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

60年代の喧噪が終わり、混沌の中で幕をあけた70年代初頭のロック界でしたが、今回はその流れが1973年あたりからどう変わり、クイーンKISSに代表される華々しい時代になったのか。今回はそれを語っていきましょう。

その変節は1973年にはじまっていた~洋楽

1973年頃というと、世界の怒れる若者たちにとっての火種となっていたベトナム戦争がそろそろ終結に向かう頃です。日本に目を向けると、72年2月の浅間山荘事件で学生運動の火が完全に消え、次の若い世代が「しらけ世代」などと呼ばれ始める時期ですが、この時期から音楽も変わっていきます。

まだ当時、東京のメインのラジオでは60s後半以来の「オールナイト・ニッポン」などの深夜番組(第4章参照)や、「9500万人のポピュラー・リクエスト」(第3章参照)を前身とする文化放送の「オール・ジャパン・ポップ20」などのランキング番組で洋楽がよく流れていました。ラジオ関東では本場アメリカのビルボードのTop40を紹介する「全米トップ40」も湯川れい子のDJではじまりました。またテレビでもNHKで大物アーティストの貴重なライブを放送する「ヤング・ミュージック・ショー」や、関西発で、日本で初めてミュージック・ビデオ主体の洋楽番組と言われる近畿放送(現・KBS京都)の「Pops In Picture」などが洋楽ロックを盛り上げていました。

また、都心の洋楽ファンはソウルイートやBYGといったロック喫茶にたまり、そこで駆け出しだった渋谷陽一伊藤政則など、後のロックの紹介者の大物がDJをつとめていました。また、ドルの変動為替性への移行で輸入盤が安くなったことで輸入レコード店が登場しはじめます。そこでディスク・ユニオンやシスコなどのチェーン店、新宿レコードやメロディ・ハウス、パイドパイパー・ハウスなど、サウンド的な特色を持った店も登場して来ます。

当時の洋楽ヒットパレードに目を向けると、元ビートルズ勢の中でもポール・マッカートニーが頭一つ抜け出し、自身のバンド、ウィングスを引き連れ積極的にツアー展開を行ない、ヒット曲の数も結局70年代のアーティストでは随一のものとなります。そのポールのソロでの台頭と同じ頃にバッドフィンガーギルバート・オサリヴァンラズベリーズトッド・ラングレンいった、ビートルズの影響を強く受けたアーティストがヒットを飛ばし、10CCエレクトリック・ライト・オーケストラ(ELO)なども続きました。

Paul McCartney&Wings「Jet」

また、Tレックスデヴィッド・ボウイで火がついたグラム・ロック人気は73~74年にかけて日本でさらに人気を拡大して行き、スレイドスウィートモット・ザ・フープルロキシー・ミュージックなどが人気を獲得しますが、特に女性ロッカー、スージー・クアトロはその美貌もあいまって日本でとりわけ熱狂的な人気を獲得します。

アメリカン・ロックでは、ファッションやサウンド面でヒッピーっぽさは残しながらもイーグルスドゥービー・ブラザーズロギンス&メッシーナなどの西海岸系やサザンロックのレーナード・スキナードなどがより洗練された肩の力の抜けたロックでアメリカン・ロックの主役の座を受け継いで行きます。また、60年代後半以降の長期の隠遁状態を終えたボブ・ディランがライヴ活動を活発化させ、本格復活して行きます。

そして、当時爆発的人気の兄妹デュオ、カーペンターズが73~74年にオリコン・アルバム・チャートの1位を長期で続けるほどの支持を獲得しますが、 その「清純ポップス路線」での人気は次第にオーストラリアの美女カントリーシンガーのオリヴィア・ニュートン・ジョンに移っていきました。

その変節は1973年にはじまっていた~邦楽

そして、日本でも同様の変化が同時期に生じます。72年に吉田拓郎がメジャーのCBSソニーに移籍すると、ヒットチャートでフォークやロックが1位を取ることが相次ぎます。まずフォークでは、72年8月に拓郎の「旅の宿」がシングル1位となると、73年2月にGAROの「学生街の喫茶店」、10月にかぐや姫の「神田川」が続きました。アルバムでは73年12月に1位となった井上陽水の『氷の世界』が75年まで1位に度々返り咲く大ロングセラーとなり、日本で最初のミリオンセラー・アルバムとなりました。

この前後からフォークやロックをめぐりレコード会社の構造変革も起こります。72年にはキング・レコード傘下に初のフォーク/ロック系の専門レーベル、ベルウッドがURC(第4,5章参照)の移籍組を中心に作られ、早速、あがた森魚の「赤色エレジー」のヒットで注目されます。ベルウッドからはあがたと強い関係のあったバンドの はちみつぱい、その他に小坂忠などが輩出されていきます。また75年2月には吉田拓郎井上陽水小室等泉谷しげるの4人で、日本初のアーティスト主導によるレコード会社「フォーライフ・レコード」が設立されたことも話題を呼びました。

70年代中頃のフォークの人気は、アイドル(第2章参照)にも匹敵するほどの人気を誇りました。その象徴とも言えたのは75年8月の静岡県掛川市で行なわれた、吉田拓郎かぐや姫による「コンサート・イン・つま恋」で、野外でオールナイトの開催で5万人もの観客を動員しました。この「つま恋」は後に「夏フェスの元祖」とまで呼ばれ、今日まで知られています

また、フォークほどではなかったものの、ロックでも元タイガース沢田研二が73年7月に「危険なふたり」で、9月には“和製ビートルズ”の異名もとった福岡のバンド、チューリップが「心の旅」でオリコン・シングルの1位を制します。この頃には矢沢永吉率いるキャロルが7か月連続シングル・リリースで注目され、11月には元はっぴいえんど細野晴臣鈴木茂によるセッション・バンド、キャラメル・ママをバックに荒井由実もデビュー・アルバム『ひこうき雲』を発表し話題を呼びました。

チューリップ「心の旅」

また、日本人アーティストと欧米アーティストとの共演もはじまります。はっぴいえんどは73年に解散(第5章参照)しましたが、最後のアルバムはLAで録音し、ヴァン・ダイク・パークスリトル・フィートローウェル・ジョージなど、アメリカン・ロックの要人を迎えました。74年には元フォーククルセダーズ加藤和彦が組んだ本格的なグラムロック・バンド、サディスティック・ミカ・バンドロキシー・ミュージックなどを手がけたプロデューサー、クリス・トーマスのプロデュースのもと、アルバム『黒船』を発表。また、元ミッキー・カーチス&サムライズのベーシスト、山内テツはそのテクニックを気に入られ、フリーフェイセスといったイギリスの一流バンドに加入し世界的に注目されます。

サディスティック・ミカ・バンド「塀までひとっとび」

日本でのクイーン一大旋風

クイーンがデビュー・アルバム『戦慄の王女』の日本盤を発売したのは1974年3月のことでした。本国イギリスからは約半年遅れのリリースでした。本国での最高位は24位とパッとせず、しかも批評的に「グラムロックの最終ランナー」などとも呼ばれ酷評もされていたバンドでした。しかし、そうした状況は同年6月に早速日本盤発売された『クイーンII』でガラリと変わります。圧倒的な声域を誇るフレディ・マーキュリーの豊かな歌声を主体に、グラムロック的華やかさをベースにハードロック/プログレ的なスケールの大きな組曲形式のアルバムは、日本の従来のハードロック・ファンを魅了したと同時に、当時、「宝塚ロック」とさえも呼ばれたユニセクシャルな美貌で10代前半の女の子のファンを獲得するのに成功しました。ここから日本の洋楽ロックファンの世代交代が徐々にはじまっていきます。

クイーン「輝ける7つの海」

そして74年12月には日本でこの年3枚目の3rdアルバム『シアー・ハート・アタック』が発表され、イギリスでアルバムが2位、シングルで「キラー・クイーン」がアメリカで12位にあがるヒットになりましたが、その最中の75年3月にクイーンは初来日。羽田空港には1000人を超えるファンが詰めかけ、初来日にして全国7ヶ所 公演で東京公演は武道館を売り切り、追加公演も武道館という、この時点で既に桁外れの人気でした。

そして75年12月には4枚目のアルバム『オペラ座の夜』を発表し、シングルで現在に至るまでの彼ら最大の代表曲「ボヘミアン・ラプソディ」も世に出ますが、もう、この頃には「世界のクイーン」となり、日本での人気もレッド・ツェッペリンエマーソン・レイク&パーマーを抜きトップとなりました。そして77年1月に次作『華麗なるレース』が出た際には遂にオリコン・アルバム・チャートの1位に輝きました。ただ、この頃にはよりシンプルな楽曲志向となった彼らに不満を漏らす日本のファンも増えていました。

Queen「Bohemian Rhapsody」

怒濤のリリース攻勢による“ロック御三家”の成立

クイーンは80年代初頭まで日本でこの人気(欧米ではむしろこれ以降の方がビッグですが)を続け、「ミュージック・ライフ」の人気投票でも常時1位となります。彼らは日本でビートルズに次ぐ有名なバンドとなりましたが、面白いもので、ひとつそういうバンドが出ると「対抗馬」が登場します。

その一番手となったのはKISSでした。女の子に人気の王子様のようなバンドが主役なら、それに対抗するのは悪魔をイメージしたコスチュームのカブキ・メイクの謎の集団、というのはストーリーとしてあまりに出来過ぎでした。73年に本国アメリカでデビューした彼らは最初はキワモノ扱いを受けたためそれほどウケなかったのですが、75年に徐々にブレイクの気配を見せると日本でこれまで未発売だった3枚のアルバムが続々と世に登場し、さらにその年の後半に発表されたライヴ盤「地獄の狂獣~キッス・ライヴ」が世界的に大ヒット。76年にも2枚のアルバムがそれに続きました。わずか2年で6枚のアルバムが出た計算となる日本では人気が急速に上昇し、77年の初来日時には武道館3Daysを大成功させ、公演の模様がNHKの「ヤング・ミュージック・ショー」で放映され大きな話題となりました。

KISS「Detroit Rock City」

そして、そのクイーンKISSの2つに、ローリング・ストーンズをハードロック的にヴァージョン・アップさせたようなエアロスミスが加わることになります。彼らも本国アメリカで73年のデビュー当時の印象が悪くセールスがふるわなかったのですが、人気が徐々に盛り上がってきた75年に3枚のアルバムが日本で登場することで注目度を一気に高め、76年4月発表のアルバム『ロックス』の大ヒットでクイーンKISSに近づき遂には「ロック御三家」とまで呼ばれるようになります。アメリカでも76年から77年にかけて「ドリーム・オン」「ウォーク・ディス・ウェイ(当時の邦題は「お説教」)」が遅れてヒットしたことも重なり、77年にかけて人気を高め、同年11月のアルバム『ドロー・ザ・ライン』で初のオリコンTop10入りを果たします。彼らの場合、ドラッグのトラブルなどで自滅し、実力を発揮しきらないままクイーンKISSに追いつけなかった印象もあったのですが、80年代後半以降にそれを埋めてあまりある復活を果たすことになります。

Aerosmith「Draw The Line」

こうした「ロック御三家」の活躍を支えたのは、60年代後半以来となる久々のアイドル登場ということで力の入った「ミュージック・ライフ」を筆頭に、TBSテレビで72年からはじまった若者向けバラエティ番組「ぎんざNOW」の洋楽コーナー、そしてNHKのAMで74年からはじまった若者番組「若いこだま」のDJをつとめた大貫憲章渋谷陽一などでした。また、「明星」「平凡」のようなアイドル誌や学研や旺文社の中学生雑誌に掲載されることも珍しくなく、鴨川つばめの「マカロニほうれん荘」のような漫画でも描かれたことで、ローティーン以下の少年少女にまで浸透したほどです。

この頃には、社会への不満を訴えた歌詞やフリー・フォームの長尺演奏よりもよりも、個人的かつ享楽的な言葉とコンパクトな楽曲指向が主流となり、ライヴもローティーンや女の子にウケやすいものになっていました。こうした状況を60年代後半以来のアメリカン・ロックやブリティッシュ・ロックファンは嘆いたし、欧米でも抵抗が強かったからこそ、ロック御三家の評価がことごとく遅れたようにも思われます。ただ、この3バンドの後の伝説化を考えるにこの変化は必然だったように思われるし、後から振り返るに、クラシックやジャズの要素を取り入れるといったハードロックやプログレの手法が既に形骸化しはじめていたことを暗示していたようにも思われます。いずれにせよ、当時の日本の洋楽界の先見性には驚くべきものがあります。

時代を先んじていた洋楽メディアのアイドル・バンドへの眼力

そして77年くらいになると、日本の洋楽メディアの「アイドル・バンドへのアンテナ」にはさらに磨きがかかります。この年は“ロック御三家”の全盛に加え、ベイ・シティ・ローラーズの空前のブームに日本が包まれます。

ローラーズは1974年頃からイギリスでは人気のアイドル・バンドでしたが、75年から本格的な国際進出を図り、76年初頭に「サタディ・ナイト」で全米1位となり、日本でも大ヒットしました。ただ、日本での反応は想像を大きく超えました。メンバーの1人1人が大人気の、まさに後のヴォーカル・グループ系アイドルばりの人気が出てしまったのです。それは文化放送ではじまったローラーズ専門の番組で拍車がかかり、76年の初来日の時点で大ブームとなりました。77年になると、ローラーズ本体に加え、元メンバーのイアン・ミッチェルパット・マグリンのソロ関連、さらにバスターなど同系バンドも弟バンド的扱いで紹介されブームの幅を広げました。このローラーズ・ブームで洋楽ファンになった小・中学生も多かったのです。

このローラーズのブームに関しては国際的かつ歴史的な収穫があったとは言いがたいものはありますが、77~78年に生まれた他の日本独自のロック・アイドルは後世にかなり高い価値を残すこととなります。77年はアメリカのティーンの女の子たちによるロックンロール・バンドのランナウェイズ、そしてイリノイ州が生んだブリティッシュ・ビート狂のイケメン2人とブサイク2人のチープ・トリック。そして78年には「遅れて来たグラムロック」とも称されたジャパンが登場します。この3つはいずれも本国でのデビュー時に全く相手にされなかったバンドです。ジャパンに至っては、本国イギリスで契約がなく、ドイツのレーベルから作品を出していたのをルックスの良さと日本人にとっての名前の親しみ易さで独自に売り出していたものでした。

ただ、蓋を開けてみると、ランナウェイズは「下着姿が話題のバンド」どころではなく、今や「ガールズ・パンクの元祖」と呼ばれ、メンバーのジョーン・ジェットはロックの殿堂にまで入りました。チープ・トリックは78年の日本武道館でのライヴ盤が逆輸入で世界に紹介され、そこでアメリカの人気バンドとなりました。その影響力は90年代以降のグランジやパワーポップのバンドにも至っています。そしてジャパンは80年代に入る頃には、イギリス国内でも評判のニュー・ウェイヴ・バンドとして尊敬され、デュラン・デュランなどに強い影響力をもたらす存在にもなりました。

The Runaways「Cherry Bomb」

Cheap Trick「I Want You To Want Me(Budokan)」

このように、日本で70年代半ば~後半に起こった洋楽のアイドル・ロック・ブームは他の国にも影響を及ぼし、特に当時のアメリカでの華やかなアリーナ・ロックともリンクするものとなりました。アメリカだと、“ロック御三家”やチープ・トリックのほかに、イーグルスフリートウッド・マックピーター・フランプトンボストンELO、さらにフォリナーハートヴァン・ヘイレンが加わる印象でしたが、この時代のこれらアリーナ・ロックは今日でもアメリカでは非常に好まれています。日本で「70年代」というと、学生運動のあった前半の方が「熱かった激動のあの頃」などと銘打たれて団塊の世代に愛されていますが、実際にベトナム戦争を戦い、戦士も反戦運動家も傷ついたアメリカでは積極的に振り返られることは少なく、むしろベトナム終戦後を好む傾向があります。それはこの当時に生まれた「スター・ウォーズ」や「チャーリーズ・エンジェル」といった華やかなカルチャー・アイコンが今も根強い人気であることとも無関係ではなく、今でもこの時代の楽曲がハリウッド映画で重用される傾向もあります。

1977年、日本のロック・アーティストも華やかに

また、同じ77年頃、日本でもロックはメジャー化し華やかになります。まず、この年の日本レコード大賞を制したのは沢田研二でした。この頃には中性的なメイクを施すことも珍しくなく、1曲あたりの演出もシアトリカルとなり、それは翌78年にはじまるTBSの「ザ・ベストテン」でも発揮されることとなります。また、音楽だけにとどまらず、75年のドラマ「悪魔のようなあいつ」や79年の映画『太陽を盗んだ男』の演技でも注目され、ロック界だけにとどまらず日本のカルチャー全般に活躍する彼のその姿はいつしか「日本のデヴィッド・ボウイ」とも呼ばれるようになっていました。

また、77年は日本にも「ロック御三家」が登場した年でもありました。それがCHAR原田真二世良公則の3人でした。いずれも当時、年齢にして大学生くらいの彼らが、いずれも高い表現力を持ちながらアイドル化することで、ロックの魅力を洋楽を聴かない低年齢層にまでアピールしました。また、78年にはこの流れの中から当時青山学院大学の学生バンドだったサザンオールスターズが台頭します。こうした国内の若いロック・アーティストたちの後押しにも「ぎんざNOW」が彼らを多く出演させることで貢献しました。

沢田研二&CHAR「憎みきれないろくでなし」

この頃になると、「ポプコン」「イーストウェスト」などのロック、フォーク系のコンテストが盛んとなっていましたが、そこから中島みゆき長渕剛などが登場したことでさらに注目度があがっていきました。また、 ライブハウスの文化も出来上がりつつあり、東京では荻窪ロフトや渋谷屋根裏、新宿ルイードなど、ロックどころの京都では拾得や磔磔、福岡では照和やぱわあはうすなどの活動拠点地が多くのアーティストを生み出します。

70年代の半ばになると、クリエイション四人囃子カルメン・マキ&OZBOW WOWといった国産のハードロック/プログレ系のバンドがそれぞれマウンテンディープ・パープルグランド・ファンクKISSといった大物バンドの来日公演の前座をつとめ注目を集めます。また、後にラウドネスに発展したアイドル・バンド、レイジーが活動したのもこの頃です。

また後半になると、TVや広告業界が日本のロックの可能性に目を付け、ドラマ主題歌やCMソングのタイアップを行なった結果、キャロル解散後にソロに転じた矢沢永吉ゴダイゴ柳ジョージ&レイニーウッド甲斐バンドなどがオリコンのアルバムを制するほどの人気バンドとなりました。また、元来フォーク系だったアリス浜田省吾アルフィー長渕剛チャゲ&飛鳥安全地帯などがアリーナ・ロックの手法をライブや楽曲に持ち込み、80年代にかけて人気を築いていきました。

参考文献

■WEBサイト
なつかしの70年代ポップス
東西ロック喫茶黄金期
Pops In Picture by 近畿放送(現KBS京都)~デデさんと阿木譲編集長ブログ「~見つからない探し物~」
クイーン初来日40周年記念
クイーン(バンド) Wikipedia
今だから語れる KISS地獄の真相
エアロスミス初代担当ディレクター・野中規雄さんインタビュー
Bay City Rollers&Rollers Familyの歴史

■書籍

「そうだったのか!日本現代史」
池上彰著 集英社文
amazon.co.jpで買う

「ORICON No.1 HITS500〈1968~1985 上〉」
クラブハウス
amazon.co.jpで買う

「夢のワルツ―音楽プロモーターが綴る“戦後秘史”50年」
内野二朗著 講談社
amazon.co.jpで買う

「ロック・イズ・ロフト―HISTORY OF LOFT」
国枝まさみ著 ロフトブックス
amazon.co.jpで買う

■関連コラム

コラムスピン 第114回:「ロックと日本の60年」第14章 2000年代、世界のシーンは動き、日本は閉じた
Drillspin column

2000年代を代表する洋楽バンド5つ挙げよ!と質問されたらどれになりますか?iPodが発売(2001年)、iTunes Music Store(03年)、YouTubeスタート(05年)と視聴環境が目まぐるしく変わった時期でもあります。

コラムスピン 第112回:「ロックと日本の60年」第13章 世紀末、ブリットポップ、オルタナの死と、ピーク迎えた日本のロック・シーン
Drillspin column

今から18~15年前の90年代末、日本のロック/ポップ・シーンは多様化し、欧米と比較しても負けない一番カッコいい時期を迎えました。

コラムスピン 第111回:「ロックと日本の60年」第12章 オルタナ、ブリットポップ、そして渋谷系以降~「世代の断絶」さえ生んだ、情報世代のロック全盛期
Drillspin column

1994年から97年頃、バブルは崩壊したけれど日本の音楽ソフト売上げはピークに達し、国内外共にロックは充実。そして現在のフェスのヘッドライナーのほとんどがこの頃登場したアーティストです。

コラムスピン 第110回:「ロックと日本の60年」第11章 バブルの喧噪に射し込んだニルヴァーナ
Drillspin column

90年代前半、「オルタナティヴ」という言葉が生まれ、ロックアルバムの売上げにおいて邦楽と洋楽は完全に逆転、カラオケがブームとなり音楽業界の売上げはピークに向かいます。

コラムスピン 第109回:「ロックと日本の60年」第10章 バブルが洋楽を追いやり、バンドブームを経てJ-POPの時代へ
Drillspin column

80年代後半に入り日本はバブルの真っ最中。邦楽ロックのバンドブーム、また洋楽はLAメタルとダンスミュージックが一大ブームに。そしてJ-POPという言葉が誕生します。

コラムスピン 第108回:「ロックと日本の60年」第9章 80s前半、MTVとポップス黄金時代
Drillspin column

「ベストヒットUSA」でミュージックビデオを見ながらチャートをチェック。洋楽ロックはポップス化し、日本では山下達郎、ユーミン、サザンそして大滝詠一「ロンバケ」に「いけないルージュマジック」の頃です。

コラムスピン 第107回:「ロックと日本の60年」第8章 パンク/ニュー・ウェイヴの日本伝来
Drillspin column

ディスコ、AOR、フュージョンのブームと時を同じくして、それとはまったく異なるロックの新しい動きがニューヨークとロンドンを中心に動き始めました。そして、この頃には「日本語のロック」は当たり前のものとなります。

コラムスピン 第106回:「ロックと日本の60年」第7章 日本型アーバン・ミュージックの生成
Drillspin column

第6章のクィーンやKISSの時代を経て、大学生~20代を中心にウェスト・コースト、ディスコ、AOR、フュージョンが人気となる70年代後半、オカサーファー・ファッションの頃の話です。

コラムスピン 第105回:「ロックと日本の60年」第6章 クイーンを筆頭に、まばゆきロック・アイドルの時代へ
Drillspin column

70年代中盤、クイーン、KISS、そしてベイ・シティ・ローラーズの登場で洋楽ロックは中高生のハートをがっちりつかみ、その2、3年後にCHAR、原田真二、ツイスト、ゴダイゴが登場ということになります!

コラムスピン 第104回:「ロックと日本の60年」第5章 アメリカかイギリスか?日本語か英語か?
Drillspin column

ビートルズが解散し、海外ではアメリカン・ロック、ブリティッシュ・ハードロックやプログレが台頭、その頃国内では「日本語とロック」に関してちょっとした論争がありました。

コラムスピン 第103回:「ロックと日本の60年」第4章 60年代末、ロックも世界も激動の時代
Drillspin column

アメリカはベトナム戦争、日本は安保闘争、サイケデリック、サマー・オブ・ラヴ、モンタレーとウッドストックの間に当たる3年の間にギターの音は歪み、恋の歌では満足できなくなった頃の話です。

コラムスピン 第102回:「ロックと日本の60年」第3章 ビートルズでバンドに目覚めた!
Drillspin column

連載シリーズ第3章は、1964年以降のビートルズ旋風をきっかけとしたブリティッシュ・インヴェージョン~そしてほぼ同時期に国内で起きたエレキブームとGSの話です。

コラムスピン 第101回:「ロックと日本の60年」第2章 “アイドル”の原型、カバー・ポップス
Drillspin column

連載シリーズ第2章は、洋楽曲を日本語で歌うカバーポップス、アイドルと全米No.1を獲得した坂本九「上を向いて歩こう」を中心に60年代前半のお話です。

コラムスピン 第100回:「ロックと日本の60年」第1章 “ウェスタン”だったロックンロール
Drillspin column

これから毎週、全14回を予定している連載シリーズ「ロックと日本の60年」。洋楽ロックが日本にどのような影響を与え、そして日本人がそれを消化・吸収して邦楽ロックとしていったかを記録する大作です。

■この筆者「沢田太陽」の関連リンク

Hard To Explain
THE MAINSTREAM

■この筆者「沢田太陽」のコラム

読むナビDJ 第135回:2014年洋楽ベスト20アルバム by Taiyo Sawada
読むナビDJ 第125回:‘70sロック名曲がいっぱい!映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のサントラ盤11選
読むナビDJ 第118回:「ブラジル音楽の歴史」第7回~2010年代前半、現在のブラジル音楽
読むナビDJ 第116回:「ブラジル音楽の歴史」第6回~00年代、経済繁栄の時代
読むナビDJ 第114回:「ブラジル音楽の歴史」第5回~90年代(後)融合の時代
読むナビDJ 第112回:「ブラジル音楽の歴史」第4回~90年代(前)先祖帰りの時代
読むナビDJ 第111回:「ブラジル音楽の歴史」第3回~80年代、4大バンドを中心とした空前のロック・ブーム~
読むナビDJ 第109回:「ブラジル音楽の歴史」第2回~70年代、群雄割拠のレジェンドたち~
読むナビDJ 第106回:「ブラジル音楽の歴史」第1回~ボサ・ノヴァからMPB誕生まで~
コラムスピン 第100回:「ロックと日本の60年」第1章 “ウェスタン”だったロックンロール
コラムスピン 第87回:第56回グラミー賞動画付きレポート!!
コラムスピン 第83回:「ルーツ音楽」が希薄な世代(2):00年代編
コラムスピン 第82回:「ルーツ音楽」が希薄な世代(1): 80年代編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

1.2万円のヘッドホン(FOSTEX T50RP)を改造して12万円台の音にする
海外のヘッドホンマニアの間では定番となりつつあるFOSTEX T50RP MOD(改造)を自腹切ってやってみました。良い子は真似... 筆者:編集部K 2014/04/08(火) DrillSpin Picks
第35回:イーグルスだけじゃない、70年代ウエストコースト・ロック・バンド名作10選
多くの人からリクエストがあり、60年末から70年代に活躍したウエストコースト・ロック・バンド10選を特集。初級者にもマ... 筆者:小川真一 2012/06/22(金) 読むナビDJ
第101回:「ロックと日本の60年」第2章 “アイドル”の原型、カバー・ポップス
連載シリーズ第2章は、洋楽曲を日本語で歌うカバーポップス、アイドルと全米No.1を獲得した坂本九「上を向いて歩こう」... 筆者:沢田太陽 2015/05/19(火) コラムスピン
第41回:70年代ファンクここから聴け!ベスト10選
どれも代表曲ばかりですが、やっぱり全部いいね!生演奏モノホンのファンクにズボズボと浸ってください!! 筆者:印南敦史(いんなみ あつし) 2012/09/07(金) 読むナビDJ
第100回:「ロックと日本の60年」第1章 “ウェスタン”だったロックンロール
これから毎週、全14回を予定している連載シリーズ「ロックと日本の60年」。洋楽ロックが日本にどのような影響を与え、そ... 筆者:沢田太陽 2015/05/13(水) コラムスピン

コラム一覧

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる