コラムスピン :第115回:日英米のインディーズ目白押し!! “使えるKKBOX”のススメ(ラインナップ編)

更新

バックナンバー一覧

第115回:日英米のインディーズ目白押し!! “使えるKKBOX”のススメ(ラインナップ編)

2015年5月にインディペンデント系デジタル権利団体のMerlinと契約、インディーズ音源の配信を強化。ピッチフォーク、NME、下北沢INDIE FAN CLUB 2015などのメディアで紹介されたアーティストがどれくらいあるか?確認してみました。

この記事の筆者

1976年仙台出身。Listen Japan~Yahoo!ミュージックを渡り歩き、現在は音楽系WEBメディアを中心にフリーなライター/エディターとして活動しております。ライブハウスと夏フェス、キャンプ場と山を流浪することがライフワーク。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、キャッシュ機能やプレイリストなどKKBOXの使える機能を紹介した前回につづき、今回は音楽サブスクリプションサービスの要の一つである楽曲のラインナップについて。

サブスクサービスを使い始めてみたものの、聴きたい曲がなかったり、どんな曲を聴いたらいいかわからなかったりという方も多いはず。KKBOXには流行りのJ-POP曲はもちろん過去のヒット曲や洋楽曲も取り揃えているのでランキングや最新コラムをチェックしながら楽しんでほしいところ。

基本的な人気曲というのはどのサービスもだいたい押さえているはずなので、今回は1,000万超という楽曲数を誇るKKBOXで新しい曲に出会うべくいくつかの切り口で楽曲を探してみようと思います。

Pitchfork Best Track 2014



メジャー/インディー問わず辛口採点が注目を集めている米メディアのPitchfork。毎年、その年にリリースされた楽曲のベストを発表していますが、昨年2014年の上位20位をピックアップして、KKBOXで聴けるものをチェックしてみました。

上位20位中聴けたのは12曲。ビヨンセマイケル・ジャクソンなどに並びインディーズのアーティストもちらほら。いわゆる大手メジャーの楽曲だけではなく、KKBOXでは新進気鋭のインディーレーベルから登場する新しい才能にも出会えることができるがわかります。

中でも筆者が気になったのは6位にランクインしているレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンザック・デ・ラ・ロチャをフィーチャリングしたRun the Jewels(ラン・ザ・ジュエルズ)というユニット。NYのアンダーグラウンドシーンを牽引しつづけるカンパニー・フロウの中心メンバーにしてレーベル<Def Jux>の創設者エル・Pとアトランタのヒップホップシーンの重鎮キラー・マイクによるものですね。ちなみにこの曲は2014年リリースの2ndアルバム『Run the Jewels 2』収録曲。ザックと共演したライブ映像もぜひチェックを。

Run The Jewels - "Close Your Eyes (And Count To Fuck)" ft. Zack De La Rocha - Pitchfork Fest 2015

NME Best Track 2014



つづいては同じように英NMEが2014年に選出したベストトラックの上位20位を見てみましょう。

昨年話題を呼んだボルチモアの3ピース・バンドFuture Islandsの曲がPitchfork同様に1位というのも芸がないなと思っちゃいますが、こちらは20位中11曲が聴けるという結果に。ヒップホップものが並びPitchforkに対し、カサビアンSt.ヴィンセントラナ・デル・レイなどがランクインしているのが特徴。中でもいかにもフロリダ出身なのに思いっきりブリティッシュ風味なMerchandise(12位)やこれまたトロント出身なのに思いっきりネオアコ風味なAlvvays(19位)などが並んでいるのもNMEらしいです。

Merchandise - Little Killer (Official Video)

Alvvays - Archie, Marry Me (Official Video)

SHIMOKITAZAWA INDIE FANCLUB 2015



というわけで、PitchforkとNMEが選出するベストトラックの中でも数々のインディーズ新星がKKBOXで聴けることがわかりましたが、さて日本のインディーズはどうなのか? その指標を測るのにちょうどいいフェスがありましたよ。9月21日と22日に行われるSHIMOKITAZAWA INDIE FANCLUB 2015。その出演者(※8月9日までの発表時点)の中でKKBOXでも聴けるアーティストをピックアップしてみたところ、なんと145組中50組の作品が聴けることがわかりました。

ちなみにこんな方たち→王舟、オシリペンペンズ、かみぬまゆうたろう、潮田雄一、ジャポニカソングサンバンチ、シャムキャッツ、関取花、高田漣、田中茉裕、チッツ、でぶコーネリアスEX、どついたるねん、はいからさん、はせがわかおり、ミツメ、三輪二郎、ムーズムズ、吉田ヨウヘイgroup、ayU tokiO、The Boys Age、car10、D.A.N.、GORO GOLO、NRQ、OGRE YOU ASSHOLE、T.V. not january、Teen Runnings、Yogee New Waves、YOUR SONG IS GOOD、思い出野郎Aチーム、キセル、蔡忠浩、(((さらうんど)))、トクマルシューゴ、平賀さち枝、フジロッ久(仮)、やけのはら+ドリアン、Alfred Beach Sandal、FRONTIER BACKYARD、Homecomings、Keishi Tanaka、KONCOS、MANNERS、neco眠る、never young beach、ookubofactory、SKALAPPER、T字路s、YankaNoi、ROTH BART BARON

正直なところリサーチするまでこんなに聴けるとは思ってませんでした。現在進行形なライブハウスシーンで活躍する気になる名前が目白押しですね。下北沢に行く前にぜひKKBOXで軒並みチェックしておきたいところです。最後にSHIMOKITAZAWA INDIE FANCLUB 2015出演者の中で特に気になるKKBOXで聴ける2組を紹介したいと思います。

まずは西海岸のはっぴいえんどと言われ注目を集めている5人組never young beach。「どうでもいいけど」や「あまり行かない喫茶店で」といった気になる曲名が並ぶ1stアルバム『YASHINOKI HOUSE』では懐かしいのに新しい実に気持ちのいいギターロックを聴くことでができます。

つづいては国籍不明な謎の宅録ユニットとして海外でも高い評価を得ているThe Boys Age。なんとも奇妙なサイケデリアとローファイテイストな音像がクセになること必至です。

皆さんもぜひ新しい音楽に出会いまくれて震えるKKBOXを活用しつくしてくださいね!

■関連コラム

コラムスピン 第113回:4,000曲がオフラインで聴ける!? “使えるKKBOX”のススメ(機能編)
Drillspin column

最近始まった3つの聴き放題サービスの比較記事も多数読みましたが、KKBOXがあまり取り上げられていない!無料登録した知人同士で話題になるキャッシュや音質について、KKが優れている点の「機能編」をお送りします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

1.2万円のヘッドホン(FOSTEX T50RP)を改造して12万円台の音にする
海外のヘッドホンマニアの間では定番となりつつあるFOSTEX T50RP MOD(改造)を自腹切ってやってみました。良い子は真似... 筆者:編集部K 2014/04/08(火) DrillSpin Picks
第35回:イーグルスだけじゃない、70年代ウエストコースト・ロック・バンド名作10選
多くの人からリクエストがあり、60年末から70年代に活躍したウエストコースト・ロック・バンド10選を特集。初級者にもマ... 筆者:小川真一 2012/06/22(金) 読むナビDJ
第34回:店頭のCDを見せずに聴かせたら売上が4倍に伸びた!
CDショップで「アーティスト名を隠してブラインド販売したら売上が4倍に伸びた」というお話を聞き、早速店長さんにその... 筆者:田畑 猛 2012/08/28(火) コラムスピン
第47回:いつの間にロック少年は「洋楽」を聴かなくなったのか?
かつてロック少年は、ガツンとくる洋楽ロックの洗礼を受けたもんだけど最近はすっかり見かけなくなってしまったようで。... 筆者:柴 那典 2012/12/04(火) コラムスピン
第93回:追悼・名ドラマー、青山純の名演16選+2
1980年代から現在まで、日本の音楽界のボトムを支えた重要な1人のドラマーの追悼特集です。 筆者:小川真一 2013/12/05(木) 読むナビDJ

コラム一覧

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる