はーぱーす・びざーる

ハーパース・ビザール

Harper's Bizarre

バイオグラフィー バイオグラフィーを編集

1960年代後半、レニー・ワロンカーがプロデュースした”バーバンク・サウンド”代表バンドのひとつ。当時の最新スタジオ技術でノスタルジックなサウンドを再現した。サイモン&ガーファンクルのカヴァー「59番街橋の歌」がマイナー・ヒット、90年代に渋谷系から再評価された。

つながり つながりを編集

トリビア トリビアを編集

  • テッド・テンプルマンはプロデューサーに転向、ドゥービー・ブラザーズやヴァン・ヘイレンを手がける。

  • 『The Secret Life of Harpers Bizarre』1968年)を小西康陽が絶讃するなど、渋谷系周辺で再評価の機運が高まった。

基本情報 基本情報を編集

名前

ハーパース・ビザール

かな

はーぱーす・びざーる

英語名

Harper's Bizarre

種別

バンド、音楽ユニット

活動拠点

アメリカ

別表記

HARPERS BIZARRE、ハーパーズ・ビザール

改名

ザ・タイキス → ハーパース・ビザール

所属・ファミリー情報

メンバー

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

ニックネームについて

Close it

ニックネームが登録できます。
DrillSpin「まとめ」「みんなでまとめ」その他サービスをよりお楽しみいただくために登録することをおすすめいたします。

後で登録