えいもす・ぎゃれっと

Amos Garrett

バイオグラフィー

アメリカン・ルーツ・ミュージックをベースに、よく歌うギターで心を揺さぶる達人ギタリスト。ポール・バターフィールドのベターデイズにも参加している。ジェフ・マルダーの相方として1979年に来日。その流麗なる指さばきは「星屑がこぼれ落ちるようだ」と形容されてる。

音楽作品(すべて)一覧(39件中 1件~20件を表示)

"エイモス・ギャレット"のトップへ

2017-07-18 更新

お気に入りに登録する1

トリビア トリビアを編集

  • フェスティバル・エキスプレスにイアン&シルビアで出演しているが、そのセットで大阪万博に来日している。

  • マリア・マルダーのデビュー・アルバム『オールド・タイム・レディ』の「真夜中のオアシス」で聞かせた甘み美しいソロで世界を魅了した。

  • 基本はフィンガー・ピッキング。

  • カナダ出身と紹介されている資料もあるが、生まれはデトロイト。トロントで育ったというのが真相らしい。

基本情報 基本情報を編集

名前

エイモス・ギャレット

かな

えいもす・ぎゃれっと

英語名

Amos Garrett

職業

作曲家、ミュージシャン

楽器

ギター, バンド・リーダー

性別

男性

出身地

アメリカ・ミシガン州デトロイト

生年月日

(75歳)(いて座)

代表作

スモール・タウン・トーク

お勧め

Hong Kong Blues』『スリープウォーク

画像について

Close it

DrillSpin内で表示している人物等の画像は、検索エンジンで画像検索を行ない、その最上位の結果を参照しています。 場合により最適ではない画像が表示されることがあります。

閉じる

ニックネームについて

Close it

ニックネームが登録できます。
DrillSpin「まとめ」「みんなでまとめ」その他サービスをよりお楽しみいただくために登録することをおすすめいたします。

後で登録